ウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダー

世界一生産されているチーズの本家「ウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダー」

ウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダー

チェダーは世界で一番生産されているチーズです。日本でもオレンジ色がかった黄色のチーズをスーパーなどで見る機会が多いでしょう。このウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダーはそんなチェダーの本家本元なのです。

イギリスを代表するチーズ

イギリスのサマーセット州で作られている牛の生乳を原料としたウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダーはハードタイプのチーズです。チェダーは世界で一番生産されているチーズで、日本でもスーパーで手軽に買うことができます。ハンバーガーなどに挟まっている黄色いチーズもチェダーがブレンドされているんですよ。まるでチーズの代名詞のようなチェダーですが、その本家本元がこのウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダーなのです。EUの原産地呼称統制(PDO)にも指定されているため、ミルクの種類から製造方法まで細かな規定があります。工場ではなく昔ながらの農家製なのも特徴で、現在作っている農家は僅か数十件、その最高峰と言われるのがモンゴメリー家で作られたチーズ。ですからモンゴメリー家で作成されたチーズは「モンゴメリー・チェダー」と別名が付けられています。

伝統の証はクロス

チェダーというと長方形のブロックタイプが多いのですが、ウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダーは円筒形をしています。熟成させる際表面をキャラコのクロスで覆い、ラードで固めます。熟成は長いものでは1年近くになり、その間にクロスの表面に色とりどりのカビが生え、あまり麗しいとはいえな姿になっています。しかしクロスを解くと中のチーズは美しいアイボリー色をしているんですよ。チェダーというとオレンジ色や黄色というイメージがありますが、あれはアナトー色素を使って着色しているのです。その味は柔らかく土や草の風味も感じられ、まるでイギリスの自然そのものを食べているようです。ナッツを連想させる地価多強い風味があるため食べごたえもあり、ああ、チーズを食べたという満足感もひとしおです。また、チーズによっては内部にアオカビが繁殖する場合もあり、アオカビチーズの風味も加わってより複雑な味わいになるということでアオカビが繁殖したチーズはとても人気があるそうですよ。

ウィスキーと一緒に

ウエスト・カントリー・ファームハウス・チェダーは世界中で生産されるチェダーの本家本元だけあって、とても食べやすいチーズです。料理に使うこともできますが、シンプルに薄くスライスして食べるのが一番おいしい方法でしょう。コクのある重厚な味わいなので、しっかりとしたボディの赤ワインや、シングルモルトにもピッタリです。もちろん国産のウィスキーとの相性も悪くはありませんよ。また、味がしっかりとしたパンに野菜とともに挟むと素晴らしいサンドウィッチが出来上がります。一口サイズのものを作れば、ホームパーティーの素敵な前菜になることでしょう。クラッカーの上に野菜とともに乗せても綺麗ですが、塩味が強いので、クラッカーは無縁のものを選ぶと食べやすいです。100グラム1300円前後とチェダーにしてはとても高いのですが、それだけの値段を出す価値があるチーズですよ。