トゥーマ・デル・トリフラウ

2種類のミルクとトリュフが醸し出す美味しさ「トゥーマ・デル・トリフラウ」

トゥーマ・デル・トリフラウ

イタリアで生産されているトリュフが入ったチーズといえばクルティンが有名ですが、
トゥーマ・デル・トリフラウはシロカビタイプのトリュフ入りチーズ、クルティンとはまた違った美味しさを楽しむことができます。

トリュフの歴史が感じられるチーズ

トゥーマ・デル・トリフラウは、イタリアのピエモンテ州、オッチェリ社が生産をしているチーズです。「トゥーマ」とはこの地方の言葉で「小さいチーズ」をそしてトリフラウとはイタリア語で「トリュフを取る人」という意味です。つまり日本語に訳すと「トリュフを取る人の小さいチーズ」といいうわけですね。オッチェリ社の代表者であるオッチェリ氏は1970年代~80年代にかけて急速に消えつつあったイタリアの各家庭で手作りされていたチーズのレシピを集め、その後何年もかけて改良を加えて自社の商品として売り出していますが、このチーズもそのひとつ。
「高級品のトリュフ入りのチーズを家庭で作っていたの?」と思う方もいるかもしれませんが、昔はトリュフはジャガイモの代用品だったそうです。高級品として扱われるようになったのは、その素晴らしい匂いが世界中の人に知られるようになってからです。そんなトリュフの歴史もこのチーズからは感じられます。

牛とヤギの生乳に野菜で煮たトリュフを加えて

トゥーマ・デル・トリフラウは牛とヤギの生乳を混ぜ合わせた中に、野菜とともに煮たトリュフを煮汁ごと加えて固めてチーズを作り、シロカビを吹き付けた後に熟成させます。作り方はクルティンとよく似ていますね。でも、クルティンが熟成を進めていくと水分が飛んで固くなっていくのと対照的に、トゥーマ・デル・トリフラウはシロカビの効果でとろりと柔らかくなっていきます。また、クルティンが口に含んだ瞬間にトリュフの香りがいっぱいに広がるのに対し、トゥーマ・デル・トリフラウはあくまでも控えめ。ミルクの甘い香りの後にトリュフの蠱惑的な匂いを感じます。クルティンがトリュフのおいしさを前面に押し出したチーズだとすれば、トゥーマ・デル・トリフラウはトリュフの味や匂いがチーズのおいしさをより引き立てている感じがします。

温めて食べると立ち上るトリュフの香り

トゥーマ・デル・トリフラウはヤギの生乳が使われていますが、ヤギのミルク100%のものに比べると匂いも味も独特のクセがありません。また、塩味も薄いので塩分が気になる方も安心して召し上がっていただけます。シロカビタイプのチーズは通常あまり熱を加えて食べることはありませんが、このチーズは熱を加えることによってトリュフの香りが強く立ちのぼります。薄く切ったパンの上に乗せて軽くあぶっても良いのですが、ジャガイモやアスパラガスなどの野菜の上に乗せて熱を加えるのもお勧め。トリュフの香りが野菜を何倍にもおいしく感じさせてくれます。ワインに合わせるのなら、軽めの赤ワインを選ぶとトリュフの匂いと喧嘩しません。ねっとりとした舌触りとトリュフの蠱惑的な香りを楽しんでください。また、あまり長期間保存をしておくとせっかくのトリュフの香りが飛んでしまいますので、一度切り分けたらできるだけ一度で食べきりましょう。300グラム程度の大きさなので、2~3人で食べればあっという間ですよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ