トロンチェット

円筒形をした可愛らしいシェーブルチーズ「トロンチェット」

トロンチェット

チーズはヨーロッパの人々にとってとても身近な食べ物。地方によっては村の数だけチーズがある、ともいわれています。トロンチェットもそんなバラエティ豊かなチーズが作られている地域のチーズです。良いミルクで作られるとチーズはどこまでも美味しくなるんですよ。

小さな幹という名前のチーズ

イタリアのピエモンテ州クネオ県 チェレゾーレ・アルバ村で作られているヤギの生乳を原料としたトロンチェットはシェーブルタイプのチーズです。トロンチェットとは小さな幹、という意味。円筒形で表皮にしわのよったチーズの様子は確かに木の幹そっくりです。

良いミルクは良いチーズになる

シェーブルタイプのチーズは独特な匂いがする、というイメージがありますがトロンチェットからは生クリームのような匂いがします。これは何か特殊な作り方をしてにおいを消しているというわけではなく、トロンチェットの原料であるヤギのミルクがとても良いものだからです。ピエモンテ州クオネ県のヤギは夏の間牧場に自由に放牧され、牧草だけでなくハーブや野生のベリー類をたっぷり食べてミルクをたくさん出すのですね。そんな良い餌を食べたヤギからでるミルクが美味しくないはずがありません。味のほうはシェーブル独特の酸味が爽やかです。塩も入っているのですがはっきりと感じられず、そのまま食べるとちょっと物足りなく感じる人が多そうです。シェーブルタイプのチーズの中には独特のクセがあるものもありますが、トロンチェットはそれがほとんど感じられません。わずかに両端の外皮に近い部分に若干の苦みを感じるくらいです。シェーブルタイプのチーズを始めて食べる、という方にもお勧めですよ。

甘くして食べてみよう

チーズの食べ方というとサンドイッチの具材にしたり、熱を加えてパンや野菜と絡めたり、といったものがすぐに思い浮かびますが、味が薄く酸味があるトロンチェットは甘みとの相性もとても良いのです。トロンチェットの産地ではジャムやはちみつを添えて甘くして食べるのが普通だとか。チーズ、というよりヨーグルト感覚ですね。トーストしたパンにトロンチェットを乗せ、はちみつをたっぷりかけても美味しいですよ。また旬の果物が手に入ればそれを添えるだけで素敵なデザートができるでしょう。

ダイエット向きのチーズ?

トロンチェットに限らずシェーブルタイプのチーズというのは、牛の生乳で作られたチーズよりもポロポロとした舌触りであることが多いです。これは、牛のミルクに比べてヤギのミルクが脂肪分が低いせいです。牛のミルクから作られたチーズでも、低脂肪のカッテージチーズなどはポロポロとしていますよね。また、シェーブルタイプのチーズが酸っぱいのは、ビフィズス菌のせいです。この菌がたくさん入った食品に人は酸味を感じるのです。ビフィズス菌といえばおなかの調子を整えてくれる善玉菌の代表格。チーズを食べたいけれど、ダイエットしているからカロリーが気になるという人にも安心です。また、腸の動きが鈍くなっているお年寄りにもお勧めなので、はちみつをかけておやつにしても良いですね。カルシウムも補給できますよ。お酒と楽しみたい、という場合は赤ワインよりも白ワインがお勧め。ワインの酸味とチーズの酸味が良く合います。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ