シュロップシャーブル

鮮やかなオレンジ色とアオカビの組み合わせが目を引く「シュロップシャーブル」

シュロップシャーブル

イギリスで生産されているアオカビタイプのチーズといえばスティルトンが最も有名ですが、シェロップシャーブルはスティルトンを作っているメーカーが1980年に作った新しいチーズです。オレンジ色のチーズとアオカビの組み合わせがひときわ目を引きますね。

食べやすさで人気急上昇

イギリスのイングランド中部一帯で作られている、牛の生乳を原料としたシュロップシャーブルはアオカビタイプのチーズです。イギリスを代表するアオカビタイプのチーズ、スティルトンを作っているメーカーが1980年より生産を開始したまだ新しいチーズなんですね。同じメーカーが作っているだけあって、味はよく似ていますが、スティルトンよりも水分が多くねっとりとした舌触りでアオカビタイプのチーズの特徴である辛みやクセが少ないです。ヨーロッパでも近年では伝統的な癖の強いチーズよりも、マイルドで食べやすいチーズが人気のため、今やスティルトンと人気を二分する状態なんだとか。ちなみにもうひとつの特徴である鮮やかなオレンジ色は、天然色素「アナトー」に由来するもので、体に影響はありません。

甘いものと組み合わせても美味しい

ヨーロッパではアオカビタイプのチーズははちみつやジャムを添えてデザートとして食べることも多いです。甘いものとしょっぱいものの組み合わせは日本にも砂糖醤油やザラメせんべいといったものがありますが、あのピリッとした辛みと強い塩味と甘みを合わせて美味しい、と感じるにはなれが必要でしょう。でもシュロップシャーブルは辛みが穏やかで、塩味はしっかりと感じますがきつくはありません。つまり、甘みと合わせやすいのです。インターネット上にはアオカビタイプのチーズを使った大人のチーズケーキのレシピなどもたくさん公開されていますのでシュロップシャーブルを使って作ってみるのもよいでしょう。もちろんただはちみつやジャムをかけても美味しいですよ。また、シュロップシャーブルはナッツのような風味がしてクルミなどとも相性が良いので、薄く切ったクルミ入りパンの上に乗せると手軽なおつまみになります。オレンジ色が鮮やかなチーズですから、見た目も良くホームパーティーなどのお料理にもお勧めですよ。

甘口の日本酒に合わせて

チーズに合うお酒といえばワインですが、日本酒も意外と悪くありません。ブドウとお米の違いがあるとはいえ、香りが良いという共通点がありますし、すっきりとした味わいが食中酒として適しています。アオカビタイプのチーズは甘みと相性が良いということは前述しましたが、甘いお酒ともよくあうのです。ですから、ヨーロッパでは甘いデザートワインなどに合わせられることが多いのですね。そしてクセのないシュロップシャーブルは日本酒との相性がどのアオカビタイプのチーズともよいのです。特にお勧めなのは日本酒度がマイナスの甘口でコクのあるお酒。最近はやりの発泡性日本酒でもよいでしょう。食べ方もそのまま薄くスライスするほか、練り物と合わせたり野菜と一緒に食べても美味しいですよ。また、サワラなどの淡泊な魚にシュロップシャーブルをのせ、焼いたものも良いおつまみになります。また、お酒が飲めないという方はミルクを入れたコクのあるコーヒーや紅茶と合わせてみましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ