セミハードタイプチーズ

クセがなく初心者向けのチーズです

セミハードタイプ

セミハードタイプのチーズは、チーズを作る過程で重しをかけ水分を38~46%まで減らしたタイプ。ちょうどブロックタイプのプロセスチーズをほんの少し硬くしたような食感で、ずっしりと食べ応えがあります。また、初めてセミハードタイプのチーズを食べた人は、「日本の大手メーカー製のチーズに似ている」と思うことが多いようです。それもそのはず、日本のプロセスチーズの多くがセミハードタイプのゴーダやマリボーを原料としているのです。ですから、フレッシュチーズを食べてみたいのだけれどと思っている人の入門編にはぴったりなんですよ。

保存性が高く、味が変わりにくい

セミハードタイプのチーズの特徴は保存性が高く、味が変わりにくいこと。熟成後3か月くらいから食べられて、1年くらいまで楽しめます。食べごろになったころに出荷されますから、家で追熟させる必要もなく、すぐに食べられます。また、白カビやアオカビ、ウォッシュタイプのチーズとちがって、熟成がゆっくりと進みます。ですから最後まで同じ味を楽しむことができますよ。一人暮らしだったり、大きな塊を買ってしまったりしても安心ですね。

そのまま食べるほか、料理の材料にしても

セミハードタイプのチーズはそのまま食べても美味しいですが、自己主張が少ないチーズなので、他の素材との相性も抜群。グラタンやピザなどにつかっても美味しくいただけます。でも、美味しいチーズを手に入れたらぜひやってもらいたいのが、野菜のチーズかけです。ブロッコリーやジャガイモ、かぶなどほっくりとした食感の野菜に熱したチーズをかけてみてください。とろりとしたコクが加わっていつもの野菜が何倍にも美味しく感じられますよ。

自分好みの逸品を選ぼう

セミハードタイプのチーズは比較的種類が多く、日本でも多くの種類が作られています。マリボーやサムソー、エメンタールなど外国産のチーズばかりが有名ですが、ぜひ国内の小さなチーズ工房にも目を向けてみてください。特に牧場に付随している工房からは、美味しいチーズが作られています。一例をご紹介しましょう
◆半田ファーム ◆富良野チーズ工房 ◆清水牧場チーズ工房 ◆山田農場チーズ工房
これらのチーズ工房のチーズは皆オリジナルで、ここでしか味わえないようなものばかりです。中には大手通販サイト楽天で商品を販売している工房もありますから、興味がある人は検索して商品を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

気の合う仲間とともにチーズフォンヂュパーティーはいかが。

セミハードチーズを使った有名な料理といえばチーズフォンヂュでしょう。第一次世界大戦時にスイス兵が糧食のチーズを鉄兜で溶かして作ったものが始まり、と言われています。
材料となるチーズはエメンタールやグリエールを使うのが一般的ですが、冷蔵庫に残っている半端物のチーズたちを溶かしても十分においしいのです。作り方はとても簡単、陶器や金属製の鍋を熱し、そこににんにくをこすりつけて香りを出した後、チーズと白ワインを加えて煮立たせるだけ。つけるものも、フランスパンからトマトまで何でもありです。冬のホームパーティーにはもってこいの料理ですね。また、自分で作って食べる楽しさも味わえますから、子供たちにも好評です。最近はチーズフォンヂュのもとなどもスーパーで売られるようになりましたが、やはりフレッシュチーズを溶かしたもののほうが味は数段上です。木枯らしが吹き始めたらぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ