サンタンドレ

脂肪分75%!!バターの代わりにもなるチーズ「サンタンドレ」

サンタンドレ

チーズを作る過程で生クリームを添付し、脂肪分を高める製法のことをダブルクリーム(もしくはトリプルクリーム)と言いますが、サンタンドレはその製法を使った中でもとびぬけて高脂肪なチーズです。そのまま食べる他に、バターのような使われ方もするんですよ。

カマンベールと比べてみると

サンタンドレはフランスのノルマンディ地方で生産されている、シロカビタイプのチーズです。フランス国内向けでなく、アメリカへの輸出用として開発されたという逸話があります。アメリカ人の好みに合わせるためか、脂肪分がなんと75%もあります。おなじシロカビタイプのカマンベールの脂肪分が45%ですから、30%も多いのですね。もちろんその分コクもカロリーもアップしています。直径8センチ、高さ5センチほどの円筒形をしていて、表面はふわふわとした純白のカビで覆われています。歴史の新しいチーズですので工場で大量生産が可能だからでしょうか、日本でもチーズショップだけでなく輸入品を多く取り扱っているスーパーでも手に入れることができます。

まるでバターのような濃厚なコク

脂肪分が75%もあると熟成が進んでいなくても、室温にしばらく出しておくだけでトロトロにとろけてきます。味はとてもクリーミーでなめらか。まるで固形の生クリームを食べているようですが、たくさん食べるとちょっとくどく感じますね。そのままちびちび食べるのも良いですが、バターのようにトーストに塗って食べるとまた違った美味しさを味わうことができます。甘くしてもしょっぱくしても美味しいチーズなので、メープルシロップをかけたり、果物や野菜につけて食べたり、サンドイッチの具材にしても美味しくいただけます。まざにオールマイティーのおいしさと言えるでしょう。ただし、皮に近い部分は若干のエグミや苦みがあるので、苦手な方は外して食べるとよいでしょう。さらに、ちょっと面白いの食べ方としては、ジャガイモやサツマイモをふかしたものにバターの代わりにつける、というものもあります。じゃがバターならぬじゃがチーズ。ジャガイモとチーズは元々非常に相性が良いものですから、サンタンドレが合わないわけがありません。
一般的なジャガイモとチーズの料理は焼き料理ですから、蒸し料理というのは珍しいですよね。

飲み物だってオールマイティー

サンタンドレは飲み物にもオールマイティーぶりをはっきします。ワインにはもちろんのこと紅茶やコーヒーにもよくあうでしょう。胡椒を少々ふってピリッとした辛みをきかせれば、ビールにも合いますよ。日本酒はそのままではちょっと脂っぽくてくどいので、ウニと混ぜたり、キュウリに塗ったりしたものならばおつまみにしても悪くありません。
また、脂肪分が高いということはエネルギーになりやすい、ということですから朝ごはんにぴったりでもあるんですね。とくに朝、食欲のないお子様にはハムやレタスと一緒に挟んでサンドイッチにしてあげると、少量でも必要なカロリーを摂ることができます。同じように、食欲が落ちたお年寄りにも、チーズ特有のくせがないのでお勧めですよ。甘いものが好き、という方にははちみつや果物を添えてあげてお菓子感覚で勧めてみてはいかがでしょうか。