ロビオラ・ムッカ

夏のオードブルに最適なチーズ「ロビオラ・ムッカ」

ロビオラ・ムッカ

ヨーロッパのナチュラルチーズには脂肪分の高い濃厚なものから、低脂肪のさっぱりとしたものまでいろいろな種類があります。ロビオラ・ムッカは夏向けのさっぱりとしたフレッシュチーズ。オードブルやデザートに最適です。

似たような名前がたくさんあるチーズ

イタリアのロンバルティア州で作られている牛の生乳を原料としたロビオラ・ムッカはフレッシュタイプのチーズです。以前はカプリッチョという名前で輸入されていました。ロビオラと名のつくイタリア産のチーズは他にも複数ありますが、これは「ロンバルティアで製造された柔らかいチーズ」という意味があります。外国産のナチュラルチーズは名前がややこしく、覚えにくいものも多いですがよく似た別のチーズを間違えて買ってしまわないように、正確に覚えることが大切なのですね。

柔らかくさっぱりとした味が特徴

ラビオラ・ムッカは柔らかくさっぱりとした味が特徴のチーズです。フレッシュタイプのチーズは熟成をさせないので、他のタイプのチーズよりも水分が多くなる分柔らかいのですね。また、ロビオラ・ムッカにはまるでシェーブルタイプのような独特の酸味があります。チーズというより、とても固いヨーグルトのような味、と表現する人もいるのですよ。
この酸味のお蔭でチーズをよりさっぱりと食べることができるのです。

甘くしてもしょっぱくしても美味しい

ラビオラ・ムッカは塩味も薄く、ミルクの自然の甘みと軽やかな酸味だけが感じられるチーズです。ですからそのまま食べるとちょっと物足りないですが、その分甘くしてもしょっぱくしても美味しく食べられるオールマイティなチーズなのです。ラビオラ・ムッカはまるでソーセージのように細長い円筒形をしたチーズなので、輪切りにして好みによって味付けを変えても良いでしょう。しょっぱくするならばオリーブオイルと塩こしょうを加えてみたり、ほんの少しお醤油を垂らしてみても美味しいです。甘くして食べるのなら、ジャムやはちみつをかけてみましょう。あっという間にオシャレなデザートが完成しますよ。

暑い季節に冷たくしたワインと共に

ロビオラ・ムッカが最もおいしく感じられる季節は夏です。特にジメジメとして蒸し暑い日本の夏は酸っぱいものが食べたくなりますよね。そんな日の食卓にラビオラ・ムッカを乗せてみましょう。手軽にタンパク質やカルシウム、脂肪が取れるので暑くて食欲が落ちてしまった、という方にも最適です。また、冷たく冷やしたワインやビールなどのおつまみにも良いでしょう。合わせるお酒はできるだけ軽くさっぱりしたものを選ぶとチーズの味がよくわかりますよ。また、良く冷やしたチーズにジャムやはちみつをかけて朝食の一品にすると、頭がすっきりと目覚めてくれそうな気がします。100グラムあたり700円前後とお手軽な値段なのもうれしいですね。多くのチーズショップや通信販売で、2~3本入りを人パックとして販売しています。フレッシュチーズは水分が多い分保存がききにくいですから、パッケージを破ったら短い時間で使い切ってしまいましょう。朝と晩に分けて食べても良いですね。その場合は切り口にラップをしっかりと巻いて乾燥を防いで保存すると風味が落ちません。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ