ルクロンチーズ

ウォッシュタイプの入門にはうってつけ ルクロン

ルクロンチーズ

パッケージに可愛らしいハートマークが描かれたルクロンは見た目はカマンベールなどのシロカビタイプのチーズに見えますが、実はウォッシュタイプなんです。

見た目はまるでカマンベール

ルクロンはフランスのコンテ地方で作られているウォッシュタイプのチーズです。チーズそのものよりも、赤いハートが大きく描かれたパッケージに見覚えがある、という人もいるのではないでしょうか。そんなルクロンは包みを破ると真っ白いカビにおおわれた中身が顔を出します。まるでシロカビタイプのチーズのように見えますが、ルクロンはれっきとしたウォッシュタイプのチーズ。その表皮はウォッシュタイプによくみられるようなオレンジ色なのですが、そこにシロカビが生えているのでまるでカマンベールのように見えるのですね。

ウォッシュタイプとシロカビタイプの中間のような味わい

ウォッシュタイプのチーズというと、濃厚なうまみが特徴の反面塩水やお酒でチーズの表面を洗いながら熟成させるので、独特の発酵臭がします。その匂いが苦手、という方も多いことでしょう。また、味も塩味が強く、クセや苦みがあるものもあるので食べる人を選ぶチーズといえるでしょう。しかし、ルクロンは塩味が控えめて牛の生乳の味が強く出ているマイルドな美味しさ。ウォッシュタイプよりもシロカビタイプに近い味わいをしています。ウォッシュチーズに初挑戦、という方にお勧めしたいチーズです。若いうちはウォッシュタイプの特徴をほとんど感じられませんが、熟成が進むにつれて表面がクリーム色になり、旨みがましてきます。ウォッシュタイプが大好き、という人は賞味期限が過ぎるくらいじっくり熟成させてみましょう。チーズは元々保存食ですから、冷蔵庫などの冷暗所に保存しておけば賞味期限を過ぎても美味しく食べられます。ルクロンを買ってみたけれど値段の割には物足りない、という人は思い切って賞味期限を1か月くらい過ぎるころまで熟成させてみましょう。マイルドではありますがウォッシュタイプ特有のコクやクセがでてきます。

若い時はコーヒー、紅茶にも

ルクロンは熟成が進むとフルーティーな赤ワインやスパークリングワインと良く合いますが、熟成がまだ進んでない頃は、紅茶やコーヒーに合わせるのもお勧めです。朝食にルクロンをパンに乗せて軽くトーストして千切りキャベツを挟んだルクロン・ホットサンドなどもよいでしょう。

バレンタインのプレゼントにいかが?

バレンタインの贈り物というとチョコレートが一般的ですが、世の中には甘いものが苦手という男性も多いことでしょう。そこで、ワインと一緒にルクロンをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。真っ赤なハートのパッケージはまさにバレンタインの贈り物にぴったりです。ウォッシュタイプにありがちなクセのある匂いや塩辛さもありませんから、外国産のナチュラルチーズを食べたことのない人でも美味しく食べられるでしょう。
売る側もそれを見越して、バレンタインの時期のみの限定販売をしているお店もあります。ルクロンを食べてみたいけれど、どこにも売っていない、と思っている方は辛抱強くバレンタインの時期を待ってみましょう。通販でもバレンタインの時期だけ販売をするという所も多いのです。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ