ロトロ ヴィーテ

ブドウの葉っぱに包まれた爽やかなヤギのチーズ「ロトロ ヴィーテ」

ロトロ ヴィーテ

イタリアでも最近はヤギだけの生乳で作られたチーズが増えてきました。ロトロヴィーテもそのひとつ。円筒形の真っ白なチーズをブドウの葉っぱで包んだ可愛らしい形が特徴的です。

爽やかな酸味が特徴的なチーズ

イタリアのピアモンテ州で作られているヤギの生乳を原料としたロトロ ヴィーテは、シェーブルタイプのチーズです。実は最近までイタリアではヤギの生乳だけを原料としたチーズはあまり製造されていませんでした。その理由はヤギのチーズのイメージ。ヤギは痩せた土地でも飼育が可能な強い生き物ですので、山間部で盛んに飼われていた家畜でした。ですからその乳で作られたチーズは、貧しい人々の食べるものというイメージが強かったのです。しかし、時代は移り変わりフランスなどから美味しいシェーブルタイプのチーズが輸入されるようになり、自国でもヤギの生乳100%のチーズが作られるようになったのです。ロトロヴィーテは円筒形に成形したチーズをブドウの葉っぱで包んだ可愛らしい形が特徴的なチーズ。なんとなく桜餅を連想させるその姿に親しみを覚える方も多いのではないでしょうか。ヤギの生乳は牛のものに比べてビフィズス菌が多いので、それで作られたチーズは酸味が強いのが特徴です。特に若いものはチーズというより硬めのヨーグルトを食べているような感じがするでしょう。熟成が進むにしたがってコクが出てきてチーズらしくなっていきます。

若いチーズには甘みをつけて

乳製品の酸味は好き嫌いが別れます。ヨーグルトの酸味が苦手、という方はシェーブルタイプのチーズの酸味もちょっとつらいかもしれません。そんなときはジャムやはちみつで甘みをつけて食べてみましょう、チーズにジャム?と思うかもしれませんが、ヨーロッパでは一般的な食べ方です。ちょっと変わった所ではヴィンゴットという甘味料をつけてみるのもよいでしょう。ヴィンゴットとはブドウを煮詰めて樽で熟成させた天然の甘味料です。お肉にかける甘いソースの原料になることが多いですが、ぶどうの葉の香りとブドウの甘味料がとても良くマッチするんですよ。また、このチーズは干しブドウがたくさん入ったパンと合わせて食べても美味しいです。こちらもブドウの葉の香りが干しブドウの味をひきたててくれます。

スパークリングワインやロゼワインと合わせて

チーズに合うワインというと赤ワインをイメージする人が多いですが、酸味の強いシェーブルタイプのチーズはスパークリングワインや甘めのロゼワインのほうが良く合います。ヤギの生乳は牛のそれに比べて脂肪分が少ないですので、どっしりとした赤ワインよりも後口が軽いワインのほうが良く合うのですね。甘めのロゼワインとチーズをデザートとして楽しんでも良いでしょう。

一度明けたら早めに食べきろう

ロトロ ヴィーテは一個当たり150グラムの小さめのチーズです。シェーブルタイプのチーズは水分が飛んでしまうとあっという間に干からびてチーズの干物のようになってしまいますので、できるだけ一度気に食べきってしまいましょう。シェーブルタイプのチーズはさっぱりしていますから、脂肪分の高いチーズよりもパクパク食べれるので、味が気にいれば150グラムくらいあっという間ですよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ