リコッタチーズ

低脂肪で健康志向。リコッタチーズ

アボンダンスチーズ

通常のチーズは生乳にタンパク質凝固物質を添加した後、固まってきたものを使ってチーズを作ります。しかし、リコッタチーズの場合は残った水分である乳清(ホエー)を煮詰めて作るのです。リコッタとはイタリア語で「二度煮る」という意味。最初に作られたのは南イタリアで、羊の乳やヤギの乳、さらには水牛の乳からも作られますが日本に輸入されるものはほぼ牛乳で作られたものです。他のチーズと違い、乳清が原料ですから脂肪分が少なくさっぱりとした甘みが特徴です。また、日本に輸入されるリコッタチーズのほとんどが生クリームが添加されていますが、そのような製品の場合はよりクリーミーな味が楽しめます。

再利用したチーズがリコッタ

南イタリアの原産で、ナチュラルチーズの中でもフラッシュタイプに分類されているチーズがリコッタチーズです。チーズというものはそれを作る最中にホエーと呼ばれる副産物が生まれます。チーズを作ることが目的なので、こちらは基本的には不要なものということになるのですが、このホエーを煮詰めて作られたのがリコッタチーズです。リコッタという名称は「再び煮た」という意味で、チーズの生成過程で生まれたホエーを再び煮詰めて出来上がっているのです。そのほかのものはチーズそのものを生み出すための材料で作られているのですが、リコッタチーズだけはそうではないということもあって、そのような物珍しさからも食べている人が多いチーズでもあるのです。言い方を変えてしまえば余り物ということも言えるのですが、そのような事実を全く感じさせないほどの美味が口の中には広がると思います。実際、そのまま食べているという人もたくさんいますので、その味がいかに美味しいのかわかるのではないでしょうか。日本で食べられるリコッタチーズはほとんどが牛乳製ということですから、リコッタチーズとフルーツなどと一緒に食べるのがベストマッチという意見が多くなっています。

甘いのに低脂肪なチーズとして女性にオススメ

リコッタチーズは乳糖のおかげでほんのりとした甘さがあるのですが、実はとても低脂肪です。日本の食べ物で言うならば豆腐のような食感もあって、女性にはぜひともオススメしたいチーズです。女性の多くがチーズ好きではあるものの、その一方で脂肪分が気になってしまうという人も多いものです。そのため、好きではあっても控えているという女性も多いものですが、このリコッタチーズに関して言えば安心して召し上がっていただけるチーズであると言えるのではないでしょうか。最も美味しい食べ方はそのままの状態で食べることと言われていますので、臭みや特有の味などもなく、癖は弱いチーズとも言われていますので、あまり癖の強いチーズは苦手ということであってもこのチーズならば全く問題なく食べてもらえるのではないでしょうか。チーズと言えば朝食のイメージがなぜかありますが、このリコッタチーズの場合には朝食シーンに最も似合うとも言われていますので、好きなその他の食材とともに食べてみてください。初心者であっても苦手意識を持たずに食べられると言われていることもあり、自分以外の誰かにオススメするチーズとしても最適な逸品ということを仰る方も多いものです。

塩と黒胡椒で食べるという方法

リコッタチーズはフレッシュなまま、つまりはそのままの状態で食することが一番のオススメと言われていますが、もちろん、その他の食べ方がないということではありませんから全く問題はありません。その他にどのような食べ方があるかと言えば、ひとつが塩と黒胡椒をかけて食べるというものです。結局のところ、その他の食べ方に関してもシンプルなものが多いのです。なぜなら、リコッタチーズ自体が癖のないチーズということで、あまり多くの手間暇をかけなくても美味しく食べられるということで、このような状態になっているのです。言ってみればあまりに工夫してしまい過ぎると、本来の美味しさを逃してしまうということにもなりますので、そのような状態にはしないほうがいいのかもしれません。やはり、ベストな食べ方はそのままの状態ということになり、日々食べていく中で飽きてきた場合などに、たまには他の食べ方にもチャレンジしてみたいという場合に、このような食べ方をしてみてもいいのかもしれません。とにかくリコッタチーズは最も気軽に食べることのできるチーズとも言えますので、ぜひともこの美味しさは味わってみましょう。そして、その素晴らしさはどんどん広げていきましょう。

そのまま食べても、お料理に使っても。

他のフレッシュチーズと同じようにリコッタチーズもまたそのまま食べたり、料理の材料として使ったりと幅広い用途があります。ジャムやはちみつを付けるだけで美味しいデザートになりますし、砂糖をふってオーブンでやくと簡単チーズケーキに変身します。本場イタリアではスフォリアテッレやカンノーロというお菓子に利用されることが多いようです。また、イタリアでははっきり自己主張をしない無気力な男性を「リコッタみたいな男」ということが多いとか……。どちらかといえばリコッタは名わき役。自己主張こそしませんが、どんな素材でも受け入れて豊かに膨らませてくれるのです。さらに、和食の世界でもリコッタチーズは活躍しています。豆腐の代わりにしろ和えに使われたり、果物と合わせてデザートの一品として供されたりすること多いようです。豆腐のように使えて、豆腐よりコクがあるリコッタチーズを使った和食がこれからも増えていきそうですね。

手作りだってOKです

モッツアレラやカマンベールのようにリコッタチーズも手作りすることができます。
しかも、上記ふたつのチーズと比べれば作り方は比較的簡単。しかし、乳清(ホエー)を煮詰めていくやり方は家庭では難しいので、プレーンヨーグルトを使ったレシピをご紹介しましょう。

材 料
  • ◆プレーンヨーグルト
     450g程度のものを1パック
  • ◆脂肪分多めの牛乳 1リットル
  • ◆生クリーム100cc
  • ◆レモン果汁 ◆塩
  • まずはじめに、プレーンヨーグルトをガーゼやキッチンペーパーの上にあけて水けをきります。使うのはヨーグルトの本体ではなく水分の方。これが乳清(ホエー)のかわりになるのです。
    水分が200CC~300CCほどたまったところで、レモン果汁以外のものをすべて鍋に入れて火にかけます。残ったプレーンヨーグルトは料理の材料としても美味しく使えますよ。沸騰してきたところでレモン果汁を入れ、弱火にして2分過熱します。レモン果汁の効果によってタンパク質が固まってきます。モロモロとした固形の物が浮いてきたら火を止め、ガーゼを引いたざるの上にあけて2時間ほどかけて水分を抜きます。
    これで完成。出来立てのリコッタチーズはより一層ふわふわでやわらかく、そのままはちみつをかけて食べると、最高のデザートになります。
    また、この手作りリコッタチーズはヨーグルトの水分からできていますので、ベーキングパウダーと合わせることで焼き菓子をふっくらさせる効果があるとか。ですから、ぜひスコーンやパンケーキを作るときに手作りリコッタチーズを加えてみてください。いつものものよりさわやかな甘みとコクが出て「プロが作ったような味」になりますよ。
    手作りのリコッタチーズは保存がききませんから、出来てから二日くらいで食べきってしまうか、上記のようなお菓子作りに使ってくださいね。

    この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ