リダー

ウォッシュタイプなのにとても食べやすいチーズ「リダー」

リダー

チーズの表面を塩水やお酒で洗いながら熟成させるウォッシュタイプのチーズ。その芳醇な味わいは多くの人を虜にする反面、匂いが強すぎて苦手という人も多いでしょう。しかしこのリダーは、ウォッシュタイプでありながら匂いがほとんどなく、初心者でも美味しく食べられるのです。

ウォッシュタイプなのに匂いがない?

ノルウェーで作られている牛の生乳を原料としたリダーはウォッシュタイプのチーズです。製造が始まったのは1960年代とまだまだ新しいですが、年とともに人気が高まり、生産量も増えています。ウォッシュタイプのチーズというと、表面を塩水やお酒で洗って熟成させるため、かなり強い発酵臭がするものが多いです。チーズの味自体は悪くないけれど、匂いがすごすぎて食べる気にならないという方も多いでしょう。しかしこのリダーはウォッシュタイプでありながら匂いがほとんどありません。黙って出されれば柔らかめのセミハードタイプのチーズ?と思ってしまうほどです。表面はオレンジ色をしていますが、これはアナトー色素で色づけされたもの。ちなみにこのリダーという名前は、ノルウェー語で「騎士」という意味。どのような由来があるのかはちょっと不明ですがとても格好の良い名前ですね。チーズショップだけでなく大きめのスーパーでも手に入りやすいです。

熱を加えて食べてみよう

ウォッシュタイプのチーズというと、そのまま食べるのが一番というものが多いですが、リダーは熱を加えるとよりまろやかさとコクが増すという珍しいタイプです。リダーの脂肪分は60%と普通のナチュラルチーズよりも若干高めのため、熱を通すことによって脂肪の美味しさをより感じられるようになるからでしょう。ピザやグラタンなど熱を加えたチーズを利用する料理はたくさんありますが、ぜひ最初はシンプルなチーズトーストにして食べてみましょう。パンはできるだけ薄く切ったほうが、チーズの美味しさがよくわかります。

値段が安いのも魅力

ノルウェーのチーズは他のヨーロッパの国々から輸入されるナチュラルチーズより安いのも大きな魅力です。チーズの表皮を洗いながら熟成させるウォッシュタイプのチーズは手間がかかるため、ものによっては一個数千円もするものも珍しくありません。しかし。リダーは100グラム500円と日本産のプロセスチーズよりも若干高い程度です。そのため、大きな塊で売られていることも多く、たっぷりと楽しむことができます。リダーは熟成が進んでもそれほど味に変化は見られませんが、熱を加えると一層溶けやすくなるという変わった特徴があります。ですから、熟成しきったリダーを買った場合は深い器に入れてパンごと焼くなど工夫をしてみましょう。

お酒との相性もバッチリ

リダーは脂肪分が高く、コクがあるチーズですからどんなお酒とも相性が良いです。
おつまみにする場合は切り分けて胡椒を振っても良いですが、熱して溶かしたものをソース代わりに野菜やパンにつけたものでもよいでしょう。ワインに合わせるならばパンやジャガイモにつけ、日本酒や焼酎に合わせるならば、ちくわやかまぼこなどの練り製品につけて食べてみましょう。チーズちくわという商品が発売されているように、チーズと練り製品の相性は実はとても良いのです。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ