ルブロションチーズ

食べ物を守りたかった農民の知恵が生んだチーズ ルブロション

ルブロションチーズ

ルブロションとは「再び絞る」という意味の「ルブロシェ」が語源。このチーズはしたたかな農民の知恵から生まれた、という言い伝えがあるのです。

脱税の証拠隠滅のために作られた?

ルプルションはフランスとスイスの国境付近、サヴォア地方で作られています。ここはフランスの中でも有数のチーズの産地で色々なチーズがつくられているのですが、ルプロションが生まれた背景はちょっと変わっています。その昔、このあたりの農民は領主の土地に牛を放牧させてもらう代わりに租税として絞ったミルクの何割かを収めていました。その量を少なく見せかけるためにわざと牛のミルクを全部絞ってしまわずに、領主にミルクを収めた後に改めてミルクを絞りなおしたのです。そして、二度目に絞ったミルクで作られたのがこの「ルプロション」。再び絞る、という意味はそういうことだったのですね。貴重な食糧を守りたい農民の知恵が生んだチーズと言えるでしょう。チーズにしてしまえば容積が減ってもとのミルクの量が分からなくなりますからね。

セミハードとウォッシュチーズの合わせ技。

ルブロションはセミハードチーズにも、ウォッシュタイプにも分類される珍しいチーズです。圧縮してチーズの水分を搾り取る過程と、表皮を塩水で洗う過程。セミハードタイプとウォッシュタイプの両方の作り方を経て出来上がるからなのですが、その結果、外皮はかなり薄く2mm位しかありません。中身はねっとりとした卵色でナイフを当ててもウォッシュタイプのように流れ出すことはありません。しかし、セミハードタイプに良く見られるような持っちりと舌さわりか?といえばそうでもなく、舌の上でどろっととけていくような柔らかさです。つまり、セミハードタイプとウォッシュタイプの両方の特徴を兼ね備えているのですね。その味は洗練されていて優しいミルクの甘みが強く感じられます。ウォッシュタイプに良く見られるようなクセの強さはなく、マイルドで穏やかな味といっていいでしょう。初めてフランスのナチュラルチーズに挑戦するという人の入門編にはぴったりのチーズです。このチーズは出来上がったらあまり変化がないチーズとしても知られています。シロカビタイプでも、ウォッシュタイプでも、ナチュラルチーズは熟成が進むにつれて、コクと匂いが強くなる傾向にあります。だからこそ「食べ時」が難しいのですね。しかし、ルブロションは一定の温度のもとに置いておけば、時間がたってもそれほど味も香りも変化がありません。これならば食べ時を気にすることもなくゆっくりと楽しむこともできますね。

冬の名物料理の材料として。

ルブロションは冬のサヴォワ料理の名物「タルティフレット」にはかかせないチーズです。これは、ボイルしたジャガイモの上に炒めた玉ねぎとベーコンを乗せてその上に輪切りにしたルプロションをたっぷり乗せます。オーブンでチーズがとろけるまでやけたら出来上がり。ホワイトソースを使わないグラタンといった感じでしょうか。素朴で体が温まる料理です。作り方は簡単ですから、ルプロションを手に入れられたら作ってみるのもおもしろうでしょう。もちろんそのまま食べても十分においしいです。ワインと合わせるのならば辛口の白がお勧めです。一度に食べきれない場合は、切った断面が乾燥しないようにラップできちんと密閉して保存しましょう。1週間くらいはちびちびと楽しむことができます。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ