クアドレッロ・ディ・ブーファラ

水牛の生乳で作られたウォッシュタイプのチーズ「クアドレッロ・ディ・ブーファラ」

クアドレッロ・ディ・ブーファラ

チーズの原料、というと牛、ヤギ、ヒツジの生乳が思い浮かびますがイタリアでは水牛の生乳をチーズの原料として使われています。その代表的なものがモッツアレラチーズですね。クアドレッロ・ディ・ブーファラ はそんな水牛の生乳を原料としたウォッシュタイプのチーズなのです。

まるで厚揚げのような外観

イタリアのロンバルティア州で生産されている水牛の生乳を原料としたクアドレッロ・ディ・ブーファラはウォッシュタイプのチーズです。チーズというと丸い形のものが多いですが、クアドレッロ・ディ・ブーファラ は正方形をしています。ウォッシュタイプのチーズというと、表面を塩水やお酒で磨くのが特徴ですが、このチーズは塩水のプールにチーズを丸ごと沈めるという独特の加工法を取っています。そのためチーズの表面は黄色がかったレンガ色になり、細かい格子状の模様が現れます。日本人ならばなんとなく厚揚げを連想する方も多そうです。

特徴的な麦わらの香り

さて、肝心のお味のほうですが、なぜかクアドレッロ・ディ・ブーファラはトリュフの風味がする、と形容されることが多いです。イタリアにはトリュフを練り込んだチーズがいくつもありますが、このチーズにはトリュフは全く使われていません。塩水と熟成によって水牛のミルクになぜかトリュフのような風味が生まれたのでしょう。これも発酵の不思議ですね。チーズ自体の味は熟成のせいか非常に濃厚ですが、どこか懐かしさを感じる素朴な味わいも併せ持っているそうです。癖や臭みがないので、外国さんのウォッシュチーズは初めて、という方にもお勧めでしょう。

トリュフ風味の素朴な味

シロカビタイプのチーズはそのまま食べる他、フライにしたり、柔らかくとろけたところを野菜につけたり、と色々な食べ方ができるものが多いですがカチョッタ デリ アンジェリはそのまま食べたほうが、優しい味わいを実感することができます。食べる30分ほど前に室温に出しておくと、良い具合に柔らかくなるでしょう。シロカビタイプのチーズの外皮は独特の苦みがあるため、残す方もいますがカチョッタ デリ アンジェリは外皮も内側とさほど変わりがないため、ぜひとも丸ごと食べてみてください。

白ワインや日本酒と合わせて

水の生乳で作られたチーズは、モッツアレラを食べた方ならわかると思いますが非常に淡泊でクセがありません。純粋なたんぱく質と脂肪の旨みのみで、お豆腐を食べているような感じです。そんなチーズを熟成させたものですからいくらウォッシュタイプと言ってもそれほどくせが出てこないのですね。ですからワインと合わせるならばしっかりとした味のものよりも、フルーティーな白ワインがお勧めです。また、端麗辛口の日本酒と合わせても良いいおつまみになるでしょう。わさびをちょっとつけてみても美味しいです。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ