パヴェ・オ・エルブ

現代人の嗜好に合わせたヤギのフレッシュチーズ パヴェ・オ・エルブ

パヴェ・オ・エルブ

ヤギの生乳で作られたチーズは、「くさい」「癖がある」と敬遠する方も多いのです。その欠点を補って現代人にも食べやすくしたヤギのチーズがパヴェ・オ・エルブなんです。

ハーブに包まれた石畳という名のチーズ

パヴェ・オ・エルブとは、フランス語で「ハーブに包まれた石畳」という意味です。チーズといえば円筒形や円盤型が多いフランスのナチュラルチーズの中で、これはレンガのように四角く、しかもハーブの一種エストラゴンがたっぷりとまぶされた独特の形をしています。確かに石畳みたいですね。

ヤギのミルクの欠点をハーブでカバー

ヤギの生乳で作られたチーズ(シェーブルタイプ)は、牛の生乳で作られたチーズよりも脂肪分が低く、成分も母乳に近いので子供からお年寄りまで安全に食べられるチーズです。しかし、ヤギの生乳には若干の癖があるので、それを濃縮したチーズは「臭い」と受け入れられない人も多いのです。パヴェ・オ・エルブはそんなヤギのチーズの欠点をカバーするために、ハーブの力を借りています。エストラゴンは甘くやわらかな芳香が特徴で、フランスではお酢につけたエストラゴンビネガーがメジャーな調味料として愛用されています。また、胃痛の緩和や食欲増進にも効果があるので、ヤギのチーズのクセを消すにはぴったりなのですね。

フレッシュチーズ特有の酸味にクリームをプラス

パヴェ・オ・エルブの工夫はそれだけではありません。ほんの少しではありますが生クリームが添加されているのです。ヤギの生乳が原料のチーズは、牛のミルクで作られたチーズよりも乳酸菌が多いのが特徴。ですから、フレッシュチーズの場合は特に酸味が強く感じられるのです。生クリームはその酸味を和らげてくれるのですね。このクリームの滑らかさとハーブの芳香によって、パヴェ・オ・エルブはヤギのチーズ独特のクセをほとんど感じることなく食べることができるでしょう。味は塩味の少し強いハーブの匂いのするヨーグルトといった感じでしょうか。元々はフランスの若い人向けに作られたチーズだったようですが。日本人の嗜好にもぴったりだということで、取り扱うお店も増えています。

パンに塗ったりサラダにしたり

パヴェ・オ・エルブはクリームチーズのように柔らかいチーズですので、パンに塗ったり、ドレッシングに加えたりといった加工がしやすいチーズです。ヤギの生乳を使ったフレッシュチーズは毎年春~夏にかけてが旬ですから、少々蒸し暑くなってきた時期に食べると
チーズの酸味とハーブの爽やかな香りが減退しがちな食欲を湧き立たせてくれるでしょう。フランスでも、夏に食欲がない方にヤギのミルクで作ったフレッシュチーズを勧めることが多いようです。日本では梅雨の時期、に食べるとよりさっぱりと美味しく感じられるかもしれません。子供からお年寄りまで安心して食べていただけるチーズですが、ハーブの匂いが苦手、という時は中心部だけをはちみつに混ぜて食べてもらうとよいでしょう。お酒に合わせるのならば、シャンパンや辛口の白ワインがお勧めです。

ソレダ社の新たな試み

パヴェ・オ・エルブを作っている会社はフランスの「ソレダ社」。この会社はこのチーズの他にも、ヤギのフレッシュチーズにレーズンやハーブをまぶした商品を作っています。このチーズを食べてヤギの生乳で作られたシェーブルタイプのチーズに興味が出てきた、という人はぜひ、他の商品も食べてみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ