ラ・ペラル

マイルドな風味の海の傍で作られるアオカビタイプのチーズ「ラ・ペラル」

ラ・ペラル

スペインで作られているアオカビタイプのチーズは山岳地域で作られるものが多く、アオカビがチーズの中でたくさん繁殖し匂いも味も強いというイメージがあります。しかしこのラ・ペラルは海の近くで作られ匂いも味もマイルドなので初心者でも食べやすいのです。

海の近くで作られるチーズ

スペインのアストゥリアス州で作られているラ・ペラルはアオカビタイプのチーズです。この地方で作られているアオカビタイプのチーズといえば、カブラレスが有名ですが、カブラレスが山岳地域で作られているのに対し、ラ・ペラルはどちらかといえば海寄りの地方で作られています。基本的な材料は牛の生乳ですが、それにヒツジのミルクから作られたクリームが加えられています。このクリームがチーズに滑らかな舌触りとコクを与え、非常に食べやすい仕上がりになっているのです。

万人向けの味!?

スペインのチーズは近年海外への輸出量が増え、日本でもチーズショップなどで手軽に買えるようになってきました。スペインのチーズもフランスのようにバラエティ豊かですが、アオカビタイプのチーズはみっちりとアオカビが繁殖し、匂いも味も強くてチーズに慣れた人向け、という感じのものが多かったです。しかし、このラ・ペラルは上記したようにヒツジのミルクから作られたクリームが加えられているので、脂肪分が高くなり滑らかな舌触りとコクがあります。また、このクリーミーさのお蔭でアオカビタイプのチーズ独特のピリッとした辛みや強い匂いがそれほど気にならず、万人向けの食べやすい味に仕上がっているのです。

うちも外もカビだらけ?

ラ・ペラルは熟成をさせる途中で外皮にも灰色や黄色のカビがみっしりと生えます。出荷直前の丸のままのチーズは言葉は悪いですがまさにカビの塊。チーズであると知らされてなければとても食べ物とは思えません。しかし中を割ると一転して鮮やかなクリーム色の中にアオカビが点々としている美しいマーブル模様が現れます。アオカビタイプのチーズは外皮を取り除いて出荷されることも多いですが、このチーズは外皮をつけたまま出荷されますので、食べるときは厚めに向きましょう。冷蔵庫の中に置いておいても新しいカビが外皮に生えてくることもありますが、チーズの品質に問題はありません。もともとアオカビタイプのチーズに繁殖しているアオカビはとても強く、アオカビタイプのチーズの傍に別の食品を置いておくと、アオカビがその食品に移ってしまうこともあるくらいなのです。

赤ワインとの相性が最高

アオカビタイプのチーズは甘いデザートワインや発泡性のワインと相性が良いことで知られていますが、ラ・ペラルはマイルドな風味のせいかスペイン産の軽い赤ワインとよく合います。アオカビタイプのチーズはたくさん食べられない、という方も多いでしょうが、このチーズは脂肪分の高さからくるコクとまろやかさのお蔭なのか100グラムくらいぺろりと食べられてしまう。というかたも少なくないようです。ただし、カロリーは高めですから注意しましょう。そのまま食べるのが一般的ですが、リゾットにしたりパスタの上に振りかけても素材の味を殺すことなくおいしく食べられそうです。スペインのチーズはまだ日本になじみが薄く、食べ方も種類がないのでぜひご自分の手でおいしい食べ方を見つけてみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ