グッチョ

カマンベールよりもさらにくせのないシロカビタイプのチーズ「グッチョ」

グッチョ

日本でシロカビタイプのチーズといえばカマンベールが有名ですが、後味に独特な苦みがあり、それが苦手という方も多いようです。グッチョはイタリアでは珍しいシロカビタイプのチーズですがカマンベールよりさらにくせがなくまるでクリームのような味わいです。

まるでクリームのように柔らかいチーズ

グッチョはイタリアのトスカーナ州で生産されているシロカビタイプのチーズです。イタリアはハードタイプやセミハードタイプのチーズが多く、シロカビタイプやアオカビタイプのチーズは案外少ないのですが、グッチョはそんな貴重なシロカビタイプのチーズのひとつです。ヒツジの生乳と牛の生乳の混成乳が原材料ですが、あまりヒツジのミルクの特徴は感じられません。牛の生乳100%のシロカビタイプのチーズと食べ比べてみると、そういえば、と感じる程度でしょうか。まるでハンバーガーを包んでいるような紙製の包み紙もかわいいです。カマンベールに代表されるシロカビタイプのチーズは熟成が進むにつれて中身が柔らかくトロトロになっていきますが、グッチョはさらに柔らかくナイフを入れたとたんに中身があふれだしそうになるほど。まるでシロカビで作った器の中にクリームを閉じ込めたようなチーズです。

くせがなく穏やかな味わい

ヒツジのミルクは牛のものに比べて脂肪分が高く、それで作ったチーズは高い脂肪分のせいでクセが感じられず、舌触りも滑らかになります。グッチョは牛のミルクの味が強く、ヒツジのミルクの特徴はあまり感じられませんが、滑らかな舌触りとクセのなさはヒツジノミルクならではでしょう。カマンベールチーズもナチュラルチーズの中ではくせがなくマイルドな味わいですが、後口に独特の苦みが感じられるため、それを苦手とする方もいるのではないでしょうか。グッチョにはそのような苦みは感じられません。ひたすら滑らかでミルクの甘みが濃縮したような味わいです。そのため、お子様やお年寄りにも食べやすいチーズです。

スプーンですくってパンにつけたり、スパークリングワインと合わせてもよし

グッチョはその高い脂肪分のせいか大変柔らかく、少し熟成が進むとナイフを入れたとたんに中身があふれだすほどの状態になります。硬いものがお好きという方は冷蔵庫から出したてを食べるとよいでしょう。高脂肪の滑らかさを味わいたいのならば、常温で1時間ほどおいて置いて召し上がってください。指で押してみてふよふよと弾むようであればまっぷたつにカットするのではなく、上側の上皮のみにナイフを入れ、スプーンですくって食べても良いでしょう。そのままパンにつけても美味しくいただけます。比較的塩味が薄いので、そのまま食べてもよいでしょう。お酒に合わせるならばスパークリングワインがお勧め。脂肪分が高い分後口が少々重くなったところに冷えてスパークリングワインを流し込めば、さっぱりとして次の一口がさらに美味しくなるでしょう。今はスパークリングワインも赤、白、ロゼと種類が豊富になりましたが、お勧めは断然白の辛口。甘めのスパークリングですとチーズの脂肪分と合わさって後口が余計に重たくなってしまいます。また、柔らかい分保存には向きませんので一度ナイフを入れたら食べきってしまいましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ