ゴルゴンゾーラチーズ

三大ブルーチーズのひとつ ゴルゴンゾーラ

ゴルゴンゾーラチーズ

イタリアのロンバルディア州のゴルゴンゾーラ村で作られているから、ゴルゴンゾーラ。なんだか安直にも聞こえる名前ですが、チーズにとって原産地はとても大事です。特に青カビ、白カビタイプのチーズの場合は誕生した土地の気候や風土でなければ育たないカビを使っている場合が多く、他の土地で全く同じ条件で作ったとしても風味や味が異なってしまうのです。ゴルゴンゾーラも1996年6月12日以来、統制原産地呼称(DOP)を取得していますので、ゴルゴンゾーラ村で作られたもの以外は、ゴルゴンゾーラと名乗ることはできません。イギリスのスティルトン、フランスのロックフォールと並んでゴルゴンゾーラチーズは世界三大ブルーーチーズと呼ばれています。

甘いと辛い?ふたつの味

ゴルゴンゾーラには二つのタイプがあります。ひとつはアオカビが強く辛みが強い「ゴルゴンゾーラ・ピッカンテ」もうひとつはアオカビが少なく、クリーミーな味の「ゴルゴンゾーラ・ドルチェ」ピッカンテは辛い。ドルチェは甘い、という意味。通常ゴルゴンゾーラといえば「ピッカンテ」のほうを指すことが多いのですが、最近は「ピッカンテ」の人気も高まっているとか。アオカビタイプのチーズが大好きな方はピッカンテを、食べたことがないけれど、興味があるという方はドルチェをチョイスするとよいでしょう。

美しい大理石模様は作り方にあり。

ゴルゴンゾーラの特徴といえば美しい大理石のような模様ですね。あれは、生乳にタンパク質凝固物質を加え、水切りをした「カード」と呼ばれるチーズのもととアオカビを交互に乗せて作ることで生まれます。白カビタイプと違い、アオカビはチーズの中で繁殖するので、内から外へと胞子を広げていくのです。余談ですが、このアオカビは繁殖力が強く、チーズの内部でまで生きています。ですから冷蔵庫で保管するときはしっかりと密閉しておきましょう。そうしないと、近くにある食品にカビが移ってしまいます。

甘みと合わせて食べてみよう。

アオカビを繁殖させるために塩味の強いゴルゴンゾーラはそのまま食べたり、リゾットやピザに乗せたりといった食べ方が日本では一般的です。しかし、ヨーロッパのほうでは甘みと合わせる食べ方もポピュラー。簡単な食べ方では、はちみつをかけたり果物の上に載せて。手を加える食べ方としては、パイやケーキの材料として。あんなしょっぱいチーズが甘みとあうの?と驚かれるかたもいるかもしれませんが、日本でもざらめせんべいなどがあるように、甘みと塩味はもともと相性が良いのです。冷蔵庫にゴルゴンゾーラがある、という方はぜひはちみつをひとたらしして召し上がってみてください。意外なおいしさにびっくりしますよ。また、レシピサイトクックパッドでは、ゴルゴンゾーラを使ったお菓子がたくさん投稿されています。その中で一番人気なのがこちらhttp://cookpad.com/recipe/1112874
ゴルゴンゾーラケーキです。
投稿者さんによると、ワインのお供にぴったりとのこと。興味を持たれた方はぜひ作ってみてくださいね。

アオカビタイプが苦手、というあなたへ

アオカビタイプがどうしても苦手で食べられない。という方は意外と多いのです。特にあの匂いとクセのある味がは好き嫌いが分かれるでしょう。でも、何とかして食べてみたいと思っている方は、熟成期間に注目してみてください。一般的に熟成が若いほどクセがなく食べやすいのです。また、輸入されたアオカビタイプのチーズの場合、すでに長い距離を旅してきますので、店頭に並んでいる時点ですでに食べごろ。買ってきたらすぐに食べることをお勧めします。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ