イエトスト

ノルウェーの朝食には欠かせないチーズ「イェトスト」

イエトスト

北欧、というとサーモンなどの海産物が有名ですがチーズもしっかりと作られています。特にこのイェトストというチーズはノルウェーの朝食には欠かせません。キャラメル色をしたチーズはコーヒーにもピッタリです。

ノルウェーの朝食の定番

イェトストはノルウェー全土で作られている、ヤギ、牛の生乳とホエー、クリームを混合して作られたちょっと変わったチーズです。イェトというのはノルウェー語でヤギを意味し、後半のストはノルウェー語でチーズを意味するオストの略です。もともとイェトストはヤギの生乳から作られていましたが、現在では牛の生乳との混成乳で作られるものが主流です。このチーズは作り方が変わっていて、タンパク質凝固物質を使わずに、生乳やホエーを煮詰めてクリームを加えることで凝固させていきます。熱を加える過程で乳糖がキャラメル状になり、褐色になるのでイェトストの見た目はまるで大きなキャラメルのようです。ノルウェーの朝食には定番の一品で、ホテルの朝食でもよく出てくるそうです。イエトストはフレッシュタイプチーズに分類されます。

昔ながらの作り方

熱を加えながら生乳を固めてチーズを作るなんてとても変わった作り方に思えますね。でも、これはタンパク質凝固物質が発見される前のチーズの作り方なのです。日本でも飛鳥時代に「蘇」と呼ばれるチーズのようなものが作られた、と記録に残っていますが、その作り方も牛の生乳を煮詰めて作るというものでした。ですからイェトストはチーズの元祖ともいえるかもしれません。

薄く切ってパンに乗せて

ノルウェーでは朝食は軽く済ませる人が多く、薄く切ったイェトストをパンに乗せたものとコーヒーというメニューがポピュラーだそうです。イェトストを薄く切る専用の道具も売っているそうですから、いかにノルウェーの人々の食生活に密着しているかわかりますね。さて、イェトストの味ですがしっかりと塩味が効いている反面、ミルクの甘みも強く感じます。甘さとしょっぱさを同時に感じるところは近年流行りの塩スイーツによく似ていますね。実際、「塩味の強い塩キャラメルのような味」と形容する人も多いとか。チーズというよりクリームというような風味で、好きな人は1度で虜になるそうです。日本では、チーズショップよりも輸入食品を主に取り扱っている高級スーパーに置いてあることが多く、値段も手ごろです。100グラム単位で売られていますので、興味のある方はぜひ買ってみてください。

日本酒にもよく合う

イェトストは朝食に食べられるチーズ、ということでお酒よりもコーヒーと共に食べられることが多いです。前述したようにイェトストはチーズというよりコクのあるクリームのような味ですので、ブラックコーヒーにはよく合うのですね。しかし、お酒との相性が悪いというわけではなく、エール系のどっしりとしたビールと楽しむ方も多いそうです。また、甘口で芳醇な日本酒ともあう、という人もいます。この場合はちょっと厚めに切ってわさびや七味唐辛子を添えるとウニのような風味がして美味しいとのこと。夏よりも冬に食べたい味だそうです。イェトストの中にはヤギのミルク100%のものもありますが、これはかなりヤギの匂いが強く、食べる人を選ぶ味です。しかしヤギのチーズが大好き、という人にはたまらない味ですので好きな方はぜひ試してみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ