フルール・ド・ビエール

かぐわしい香りのウォッシュチーズ「フルール・ド・ビエール」

フルール・ド・ビエール

ねっとりとした舌触りと濃厚なうまみが特徴のウォッシュチーズ。一度好きになってしまえば病みつきになる人も多いのですが、匂いが苦手という方もたくさんいるでしょう。そんな方々にフルール・ド・ビエールはお勧めです。

ビールで洗ったチーズ

フルール・ド・ピエールはフランスのアルザス地方で作られているウォッシュタイプのチーズです。実はフルール・ド・ビエールというのは、チーズの名であると同時にお酒の名でもあるのです。ウォッシュタイプのチーズは、チーズを熟成させるときに塩水やお酒で表面を洗うのが特徴です。フルール・ド・ビエールは、酵母が生きている低温殺菌前のビールを蒸留し熟成させた「ビールの花」とも呼ばれる蒸留酒『フルール・ド・ビエール』で表面を洗っています。とても珍しいですね。

かんきつ類を思わせる香りが特徴

表面を洗いながら熟成させることで、ウォッシュタイプのチーズの多くが複雑なうまみと、独特の匂いを持ちます。これは、湿ったものの方が渇いたものよりも匂いが強くなるからなのですね。また、湿ったところに好んで繁殖する菌も多いですから、そのようなものも匂いの一因になります。しかし、フルール・ド・ピエールはかんきつ類のような爽やかな香りが特徴。これは、チーズを洗うお酒の「フルール・ド・ピエール」が非常に華やかな香りを持っているからなのです。そして、この華やかな香りの元はビールを作るのに欠かせないホップ。普段ビールを飲んでいるときはほとんど感じませんが、ホップとはこんなにもよい香りのするものだったのか、と改めてその魅力に気づかされます。表皮の匂いにクセがないと、内部のとバターを思わせる甘くコクのある匂いもよくわかります。

チーズというよりはバターのような味。

匂いと同じように、フルール・ド・ピエールは味にもほとんどくせはありません。熟成させることによって圧縮されたミルクのコクと甘みが強く感じられる味で、チーズというよりバターを食べているような感じがします。何も言われなければ、これがウォッシュタイプのチーズであることに気づかない人も多いのではないでしょうか。ウォッシュタイプに初めて挑戦をする、という方や、何度かウォッシュチーズを試してみたけれど美味しいとは思えなかった、という人にこそ食べてほしいチーズです。

ビールと合わせても美味しい

フルール・ド・ピエールは料理につかったり、何かを合わせたりするよりも、そのままチーズだけを食べたほうが、美味しさを十分に味わうことができます。お酒に合わせるのならば、赤ワインよりは癖のない白ワインの方がチーズの味を引き立てるでしょう。また、ビールで洗ったチーズですから、ビールと合わせても美味しくいただけます。この場合は日本ののど越しの良いピルスナータイプのビールより、黒ビールのようなどっしりとした味わいのビールのほうがお勧め。ベルギービールと合わせても良いでしょう。そして、いくら匂いにクセがないとはいえ、熟成が進めば一種独特の発酵臭がしてきます。ですから、初心者はできるだけ早めに食べたほうが良いでしょう。癖があるチーズのほうが美味しく感じるチーズ通の方であっても、フルール・ド・ビエールは華やかな香りも味のうちです。それを損なわないようにしましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ