エーデルピルツ ケーゼ

日本のメーカーのチーズと変わらない値段「エーデルピルツ ケーゼ」

エーデルピルツ ケーゼ

ヨーロッパ産のナチュラルチーズをいろいろと食べてみたいけれど、値段が高くてなかなか。という方は少なくないでしょう。でもエーデルピルツ ケーゼは、味もさることながらコストも重視して作られたアオカビタイプのチーズです。日本のメーカーのものとそれほど変わらない値段で買えるのがうれしいですね。

外国産のナチュラルチーズは高い、と思いがちだけれど

ドイツのバイエルン州で作られているエーデルピルツ ケーゼはアオカビタイプのチーズです。日本にもだいぶ輸入されるようになったので、チーズショップなどで見たこともある人もいるのではないでしょうか。このチーズを作っているブランドは「パラディン」というのですがコスト重視の生産をしていることでも有名で、今やヨーロッパじゅうで大人気だとか。このチーズの値段は100グラムあたりなんと500円前後、一般的なナチュラルチーズの半額です。これならたっぷりと楽しむことができますね。

安かろう、悪かろうではない

チーズの値段が安いと品質は大丈夫なのか、と心配になますが、エデルピルツ ケーゼはねっとりとしたコクとミルクの優しい甘みが特徴的なとても美味しいチーズです。アオカビがしっかりと繁殖していますので、辛みや刺激も強いはずですがコクと甘みのせいかそれほど食べにくさは感じません。アオカビタイプのチーズを何度か食べてみた方ならば十分に美味しく感じられるでしょう。ゴルゴンゾーラやロックフォールのような複雑な旨みはそれほど感じられませんが、普段食べるチーズとしてなら十分な美味しさです。

色々な食べ方にチャレンジしてみよう

100グラム1000円前後のチーズならば、なかなか大量に買うということはむずかしいですよね。小さな塊を買って削るようにちびちび食べている方も多いのではないでしょうか。でも、エーデルピルツ ケーゼの値段ならば、一般的な外国産のナチュラルチーズ100グラムの値段で200グラム~300グラム程度買うことができます。これだけあれば色々な料理法をたのしむこともできますよ。実はアオカビタイプのチーズというのは、ハードタイプやセミハードタイプと同じぐらい色々な食べ方ができるチーズなのです。そのまま食べるだけでなく、サラダのドレッシングにしたりパスタにしたり、アオカビタイプのチーズでチーズケーキを作ることもできるのです。このチーズは脂肪分が高めで料理のコクを付けるにはもってこいですから、ぜひ色々な料理にスパイスのようにこのチーズを加えてみましょう。

日本酒や焼酎に合わせてみよう

エーデルピルツ ケーゼは、居酒屋やバーに置かれていることも多いです。やはり値段がお安いので店側としても気軽に頼める値段で提供ができるのでしょう。チーズに合うお酒といえばワインですが、このチーズは日本酒や焼酎にも良く合います。もともと甘口の白ワインと相性の良いチーズですので、甘口が多い日本酒との相性も良いのでしょう。また、黒糖焼酎との相性も悪くありません。甘みのあるお酒とならば大抵はマッチしますので、カクテルと合わせても良いかもしれません。「これは」というお酒をさがして色々と試してみるのも良いですね。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ