デリス・ド・ポマール マスタード

ワインの名産地で生まれた大人向けのチーズ「デリス・ド・ポマール マスタード」

デリス・ド・ポマール マスタード

名前に「マスタード」がついている通り、クリームチーズの表面に粒マスタードをたっぷりとまぶしたチーズです。第二次世界大戦後に製造が始まった新しいチーズの一種で、ワインだけでなくビールにもピッタリです。

ワインの名産地の新しいチーズ

フランスのブルゴーニュ地方ムルソーで作られているデリス・ド・ポマール マスタードは、フレッシュタイプのチーズです。フレッシュチーズはブルサンのようにフレッシュタイプのチーズはニンニクやペッパーなど色々なものがミックスされているタイプもありますが、このチーズは周りにマスタードがたっぷりとまぶされています。ダブルクリーム製法によって、脂肪分が70%もあるコクのあるクリームチーズにピリッとしたマスタードが程よいアクセントになっています。

ワインだけでなくビールにも

ブルゴーニュはフランスでも有数のワインの名産地ですが、デリス・ド・ポマール マスタードは滑らかな口当たりと、マスタードのピリリとした辛みがワインにぴったりです。また、ワインだけでなくビールにも合うチーズとして国内だけでなく、海外にも盛んに輸出されているのです。

肉料理の付け合わせにも

マスタードがたっぷりまぶしてあるクリームチーズ、というといかにもおつまみ向けという感じがしますが、デリス・ド・ポマール マスタードはパンやクラッカーに乗せて食べても美味しいのですよ。ちょっとしたホームパーティーなどにオードブルの一品としてクラッカーの上に乗せて出してみてはいかがでしょうか。美味しさに場が華やぐかもしれません。また、ステーキやローストビーフなどの肉料理の付け合わせにするのもお勧めだそうです。

進化し続けるチーズ

デリス・ド・ポマール マスタードは、発売から現在まで何度かリニューアルを行っています。何百年も前の作り方をそのまま引き継いでいるAOC(フランスの原産地呼称統制)のチーズと比べるとまだ歴史の浅い新しいチーズは知名度や人気は低いですが、より美味しいチーズになるように改良を加えられることが大きな利点です。何度目かのリニューアルを経て、デリス・ド・ポマール マスタードはよりクリーミーさをまし、マスタードの粒が細かくなってチーズと混じりやすくなっているそうです。デリス・ド・ポマール マスタードに限らず、AOCに認定されていない新しいチーズは、時間を置いて何度か食べてみると美味しさがより進化しているかもしれません。

温度管理にはきをつけて

デリス・ド・ポマール・マスタードは生クリームを加えたダブルクリーム製法で作られているので、脂肪分が70%と高めになっています。ですから、常温でほったらかしにしておくとバターのように溶けてきてしまいます。肉料理の付け合わせにするのなら、溶けたものをお肉にまぶして食べるのも美味しいかもしれませんが、オードブルにする場合は溶けてしまってはちょっと困りますよね。食べる直前に冷蔵庫から出すか、下に氷を強いて冷やしたお皿の上に乗せるなど工夫を凝らしましょう。また、お子様やお年寄りなど辛みが苦手な方の場合は、マスタードのついた外側の部分をさけて中の部分だけを食べるようにすれば大丈夫です。チーズにまで辛みはついていませんよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ