ダニッシュ・モッツアレラ

たっぷり食べたいデンマーク産モッツアレラ「ダニッシュ・モッツアレラ」

ダニッシュ・モッツアレラ

デンマークには、ほかの国の有名なチーズをお手本にして作られたチーズがたくさんあります。このダニッシュ・モッツアレラもそのひとつ。お手本はもちろんイタリアのモッツアレラ。たっぷり使痛いときにうれしいチーズです。

本家はフレッシュタイプだけれど

デンマークで作られている牛の生乳を原料としたダニッシュ・モッツアレラはセミハードタイプのチーズです。名前の示す通り、イタリアのフレッシュタイプのチーズモッツアレラをお手本に作られたチーズなんですよ。でもそのままそっくりコピーをした、というわけではありません。イタリアのモッツアレラが水牛の生乳が原料なのに対し、デンマーク産のものは牛の生乳が原料です。また、イタリアのモッツアレラはフレッシュタイプですが、デンマークのモッツアレラは熟成期間があるセミハードタイプです。しかし、モッツアレラの特徴である縦にすっすと避けるパスタフィラータ状の生地や、熱を加えるとよく溶けることなどはしっかりと取り入れています。

たっぷりと使痛いときにお勧め

ダニッシュ・モッツアレラはセミハードタイプですので、イタリアのモッツアレラよりも保存が効き、扱いが簡単です。また、値段も100グラムあたり300円前後、ととってもお得。ですからレストランなどで使われることも多いんですよ。モッツアレラチーズが好きなんだけれど、保存が効かないのでなかなか使えない、という方はぜひダニッシュ・モッツアレラを食べてみてください。プロセスチーズに近い値段ですから、惜しみなく使うことができますよ。

料理に、おつまみに使い方は自由自在

イタリアのモッツアレラと同じように、ダニッシュ・モッツアレラも塩味はかなり薄めです。ですからそのまま食べるよりは料理の食材として使ったほうが美味しく食べられるでしょう。ピザやグラタンなどとろけたチーズが主役の料理にぜひたっぷりと使ってみてください。また、チーズフォンヂュのようにとろけたチーズをパンやジャガイモにつけてみても美味しいでしょう。エメンタールやグリュイエールを使うのが本場のやり方ですが、ダニッシュ・モッツアレラのほうが扱いも簡単で味にクセもありませんからお子様やお年寄りも美味しく食べられます。おつまみにするには少々塩味の強いものと組み合わせたり、コショウやトウガラシなどの香辛料をふるとよいですね。ワインだけでなく、日本酒や焼酎とも良く合うのですよ。

保存方法には気を配ろう

ダニッシュ・モッツアレラはお店によってはキロ単位で売られています。チーズ1キロときくとずいぶんたくさんなように思われますが、スライスチーズ1パックが100グラム少しですから、10パック分一度に買ったのと同じですね。チーズ好きの人ならば、2週間もあれば食べ切れてしまう量ではないでしょうか。しかし、1枚づつ包装されているスライスチーズと違って、ダニッシュ・モッツアレラは塊で売られていますから乾燥に注意しましょう。パッケージをはがしたら、使う分だけ切り分けた後はラップで密閉して保存するとよいでしょう。またパーティーなどの時に大きな塊をそのままとかす演出をすると、場が盛り上がること間違いなしです。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ