ダナブルー

ロックフォールをお手本にして作られたチーズ「ダナブルー」

ダナブルー

フランスやスイスよりは有名ではありませんが、デンマークもチーズの生産と輸出が盛んです。デンマークのチーズの特徴は、他国のチーズをお手本にしたチーズが多いということ。ダナブルーはフランスのロックフォールをお手本にしたチーズなんです。

ロックフォールによく似ているけれど

デンマークで生産されている牛の生乳を原料としたダナブルーはアオカビタイプのチーズです。このチーズはフランスのアオカビタイプのチーズ、ロックフォールをお手本にして作られました。最初は「ダニッシュ・ロックフォール」という名前で売りだされたのですが、フランスから抗議が来たので「ダニッシュ・ブルー」と改名し、さらに名前が長すぎる、ということで「ダナブルー」と短縮したというちょっとややこしい名前の由来があります。日本では発売直後から輸入されていたため、なじみがあるという方も多いでしょう。

まろやかだけれど……

ロックフォールが無殺菌のヒツジの生乳を使っているのに対し、ダナブルーは殺菌した牛の生乳を使います。ヒツジのミルクは牛のものより脂肪分が高くコクのあるチーズが作れるのですが、ヤギのミルクと同じように独特のクセがありヒツジのミルクに慣れていない人には少し抵抗のある味なのです。ダナブルーはロックフォールをお手本にしただけあって、ロックフォールとよく似た味なのですが、牛の生乳を使っている分チーズ自体の味にはクセがありません。しかし、アオカビがチーズの内部でしっかりと繁殖しているのでアオカビタイプのチーズの特徴であるシャープな辛みやピリッとした刺激は強めです。その為初心者にはちょっと食べにくく感じますが、アオカビタイプのチーズが大好きという方にはお勧めですよ。

調味料代わりに料理に使ってみよう

デンマークのチーズは他のヨーロッパの国々のチーズに比べて値段が安いのが特徴です。ダナブルーも100グラムあたり500円とロックフォールの半額以下で買うことができます。お得感からついたくさん買ってしまいたくなりますが、アオカビタイプのチーズは一度にたくさん食べるタイプのチーズではありません。塩味も強いので、お酒のおつまみにするにしても少量で十分、という方も多いでしょう。そこでお勧めなのが、ダナブルーを調味料代わりに使った料理です。ピザやパスタなどアオカビタイプのチーズを使ったソースと合う料理はたくさんありますよね。サラダのトッピングにしても良いでしょう。何の変哲もないパスタがチーズを絡めるだけで大人の味の料理になります。調味料代わりにする場合はチーズはたっぷりあったほうが美味しいので、お得に買えるダナブルーはぴったりです。

日本料理と合わせてみても

ダナブルーはヒツジのミルク独特の獣っぽいくせがありません。ですから日本料理に使っても美味しいのですよ。たとえば野菜のお浸しにちょっとダナブルーを熱したものをかけてみたり、白和えにダナブルーを加えてみてもお酒に合うコクのある料理ができます。また、魚の粕漬をやくときにダナブルーを載せて焼いてみても良いでしょう。もっと簡単にすませたい、という時はちくわの穴にチーズを詰めるだけでしゃれたおつまみになります。甘めの日本酒に合わせてみてください。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ