コッツウォルド

グロスターに玉ねぎとチャイブを入れたチーズ「コッツウォルド」

コッツウォルド

イギリスの奇祭、チーズころがし祭りに使われるグロスター。イギリスではこのチーズに色々な混ぜ物をしたチーズも作られているのです。コッツウォルドはその代表格。玉ねぎとチャイブの入ったチーズはお酒にぴったりです。

さっぱりとしたチーズに色々と混ぜて

イギリスのグロスターシャー州で作られた牛の生乳を原料としたコッツウォルドはハードタイプのチーズに玉ねぎとチャイブを混ぜ込んだチーズです。グロスターは普通のミルクを使ったものもあるのですが、伝統的なシングルグロスターは一度チーズを作った後に出たホエーから再度作られたタイプのチーズです。ですから脂肪分が少なく味もさっぱりしていて他のものを混ぜ込んでもうまく調和しているのです。コッツウォルドは玉ねぎとチャイブという西洋ネギを混ぜ込んでいるため甘みと刺激が加わりおつまみ向けの味になっています。

シロカビとアオカビをはやしたものも

コッツウォルドはバリエーションが豊富で、コッツウォルドブルーというチーズは外はシロカビ、中はアオカビが生えています。シロカビとアオカビが両方は得たチーズといえばドイツのガボンゾーラがゆうめいですが、コッツウォルドブルーはアオカビの風味はほとんどありません。ちょっと変わった風味のシロカビタイプのチーズといった感じで、これもまたおつまみとして美味しいチーズなのです。

ビールに合わせてみよう

チーズはどんなお酒にも合わすことができますが、コッツウォルドは特にビールにお勧めのチーズ。玉ねぎとチャイブの刺激と甘みがコショウとは一風変わったスパイスになり、ついもう一杯とビールが進んでしまうこと間違いなしです。また、野菜が練り込まれている分味に複雑さが増していますから、そのまま食べてもあきがくることはありません
グロスターは単品で食べても十分においしいチーズですが、全乳を使っていないシングルグロスターの場合はやはりコクや旨みにかける部分があります。玉ねぎやチャイブはそれを補ってくれるのですね。なお、コッツウォルドブルーの場合は、外皮に割と強い苦みがありますので、中身だけ食べて皮は残した方が良いでしょう。

サンドイッチにしても美味しい

お酒のおつまみ向けのチーズというと、下戸の方は真のおいしさが味わえないのかと思われる方もいるかも知れません。でも心配することはありませんよ、コッツウォルドはサンドイッチにしても美味しいのです。できればイギリス流にできるだけ薄く切ったパンの上に乗せ、こんがりと焼いてみてください。生の時は刺激が強く感じられた玉ねぎとチャイブが熱を通すことで甘くなり、チーズのコクとあいまってとても美味しくなるのです。野菜が何もない、という時でもチーズさえあれば美味しいホットサンドがたべられます。また、チーズの脂肪分が低いので、ベーコンやハムなどの脂肪分の高いものと合わせてもくどくなりすぎることはありません。パンだけでなくジャガイモに乗せて焼いてみても美味しいでしょう。キャンプなどに持っていき、バーベキューの際に調味料代わり胃したり、おつまみにしたりすると皆に喜ばれること間違いなしです。なお。日持ちがちないチーズですので、大量に買わずに食べ切れる分だけ買いましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ