ショームチーズ

お手本はベルギーのチーズ ショーム

ショームチーズ

フランスのチーズとしては珍しく、他国のチーズの製法をもとに作られています。
ショームはウォッシュタイプのチーズですが、匂いもなく初心者にもおいしくいただけます。

ショーム社の看板チーズ

フランスを代表するチーズ会社のひとつ「ショーム社」。この会社はヒツジの生乳を原料としたチーズや、ハードチーズなども生産していますが、看板商品がウォッシュタイプのチーズの「ショーム」です。ベルギー原産のチーズ「リンバーガー」の製法に倣って作られたという比較的新しいチーズで、表皮を洗うウォッシュタイプの製法と、セミハードタイプの製法を組み合わせた作り方で作られています。

美味しいとこどりのチーズ

フランスのチーズというと、昔ながらの製法を守って作られているもの、というイメージがありますが、ショームのような新製品も毎年数多く作られています。これら新しいチーズの特徴は、製法や熟成に使われるカビがひとつではない、ということ。フランスも日本と同じように、今はあまり味にクセがあったり、匂いの強かったりするものは受け入れられなくなってきています。そこで、新しいチーズは色々なタイプのチーズの作り方をブレンドさせたり、熟成に使うカビを複数にしたりして、より美味しく食べやいものになっているのです。もちろんショームも同じです。ウォッシュタイプにありがちな強い匂いがなく、マイルドで癖がない万人向けの味に仕上がっています。また、オレンジ色の表皮の内側はねっとりと柔らかく、お餅のような食感でこれもまた人気の理由なのだそうです。

熟成が進めばやっぱり……

しかしいくら匂いが少なく万人向けとはいえ、やはりウォッシュタイプのチーズですから、熟成が進めば匂いも出てきます。フランスから日本までは距離があるので、チーズの状態によっては、店頭に並ぶ頃には「匂いが少ないなんて嘘だ」と思うほど匂いがするショームもあるのです。ですから、匂いが苦手という人はできるだけ若いものを、若いうちに食べてしまいましょう。逆にウォッシュタイプのチーズが大好き、という方は買ってから少し時間を置いて熟成させてから食べてみましょう。匂いも強まりますが、味も複雑になって旨みも増してきます。

お酒だけではなくコーヒーにも良く合う

ショームはそのまま食べる他、熱を加えても美味しいチーズです。薄く切ったバケットの上に乗せて、トースターで焼いて食べてみましょう。また、熟成が進んだものはエポワスのように、表皮の上面を削ってそのままスプーンで食べても美味しいでしょう。ワインに合わせるのなら、軽めでフルーティーな赤ワインがぴったり。それほど肩ひじ張らずに気軽に楽しもう、という感じで食べられるチーズなんですね。また、ワインだけではなくコーヒーや紅茶といったノンアルコール飲料にも良く合います。朝食にショームのホットサンドイッチもお勧めです。ただし、出かける前に良く歯磨きをしてにおいを消していきましょう。保存をする場合は一口大に切って、密閉できるタッパーに入れておくと冷蔵庫の中の匂い移りが防げます。でも、熟成が進むとトロトロになってしまうので、一口大に切ったら早めに食べてしまいましょう。溶けてしまったものは、保存が難しいのでいっきに食べきってしまうのが一番です。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ