シャルダン・ポワヴル

シェーブルタイプが苦手な人にもお勧め「シャルダン・ポワヴル」

シャルダン・ポワヴル

日本でも色々な種類が手に入るようになったヤギの生乳を原料としたシェーブルタイプのチーズ。しかし、ヤギの生乳には牛と違って独特のクセと匂いがあり、苦手意識を持つ方も多いでしょう。でも、シャルダン・ポワヴルは表面にびっしりとまぶされた黒コショウが臭みやクセを消してくれます。シェーブルタイプのチーズが苦手、という人にもお勧めですよ。

香辛料は偉大

シャルダン・ポワヴルはフランスのポワトー・シャラント圏シャラント県で作られているヤギの生乳を原料としたシェーブルタイプのチーズです。この地方はシェーブルタイプのチーズの一大名産地のため、日本にも数多くのチーズが輸入されています。ちなみにこのチーズはドーム型の可愛らしいシェーブルタイプのチーズ、「トピネット」を作ったチーズ職人の手で作られています。このチーズの特徴はなんといっても表面にびっしりと張り付けられた黒コショウです。コショウとチーズの相性がよいことは広く知られていて、表面にまぶされていたり、中に練り込まれている商品はたくさんあります。でもシェーブルタイプの表面に黒コショウがまぶされているものは珍しいです。香辛料は獣肉の臭みやクセを和らげる効果がありますが、チーズでも同じ効果があります。黒コショウの爽やかな辛みが、ヤギの生乳のクセや臭みを和らげより食べやすく仕上がっています。シェーブルタイプが苦手、という方もこれなら美味しく食べられそうです。

夏に食べたいチーズ

チーズの旨みはミルクの脂肪分由来のものが多いです。特に最近はダブルクリーム、トリプルクリームといった製造の過程で生クリームを加える製法により、従来のものよりこってりとして舌触りが良く脂肪分の高いチーズが多く作られるようになりました。しかしその分冬に食べるにはよいですが、夏に食べるのはちょっと、と思うチーズが増えているのです。シェーブルタイプの特徴に、酸味がありますが、これはヤギの生乳にビフィズス菌が大量に含まれているからです。ヨーグルトが酸っぱい理由と同じですね。また、ヤギのミルクは牛のものよりも脂肪分が少ないので、牛の生乳が原料のチーズよりもさっぱりとしていてヘルシーです。シャルダン・ポワブルはさわやかな酸味、ピリッとした辛み、さっぱりとした後味の3つが揃ったチーズ。食欲が落ちやすい夏にこそ食べてほしい味わいです。

サラダのトッピングにお勧め

シェーブルタイプのチーズは、料理の材料にするよりもそのまま食べることの多いチーズですが、シャルダン・ポワブルはサラダのトッピングにするのがお勧め。チーズの辛みと酸味がアクセントとなり、後はオリーブオイルを少量欠けるだけでいつものサラダがごちそうに変身します。また、そのまま食べるには辛すぎる、という場合はパンに挟んでサンドイッチにしても良いでしょう。地元ではジャムやはちみつを添えて食べる方も多いとか。辛みと甘みを組み合わせるなんて不思議な感じがしますが、タイ料理も辛みと甘みを上手に組み合わせてあの美味しさを作りだしています。試してみると案外美味しいかもしれませんね。お酒に合わせるのならば、ワインよりもよりアルコール度の高いコニャックがお勧め。どっしりとした風味と甘みがチーズをしっかりと受け止めてくれます。