シャビシュー・デュ・ポワトゥ

爽やかな酸味が特徴のチーズ シャビシュー・デュ・ポワトゥ

シャビシュー・デュ・ポワトゥ

石灰岩の平野に沼が多数点在するポワトゥー地方。決して豊かとはいえないこの地方で作られたヤギのチーズはさわやかな酸味が特徴です。

痩せた土地でもヤギは育つ

シャビシュー・デュ・ポワトゥは、フランスのポワトゥー地方が原産のヤギのチーズです。シャビシューの語源はアラビア語でヤギを意味する「シャビエ」から。日本語に訳すとポワトゥー地方で作られたヤギのチーズといったような意味になります。ポワトゥー地方は石灰岩平野と沼が多くお世辞にも豊かな土壌とは言えません。ですから牛の代わりにやせた土地でも飼いやすいヤギの飼育が盛んだったのです。もちろんヤギのミルクだって貴重な食糧。このチーズは貴重な食糧であるミルクを一滴たりとも無駄にしないという人々の知恵から生まれたチーズなのです。

独特な形と表皮

シャビシュー・デュ・ポワトゥはボンド型と呼ばれる円筒形で先が少しだけ細くなったワインのコルクのような形をしています。一個の重さは150グラム程度で高さは6センチほど。ちょうど手の中にすっぽりと収まるくらいの大きさです。しわのよった表面は最初は真っ白ですが、熟成が進むにつれて徐々に灰色のカビにおおわれていきます。

熟成すれば固くなる。

ヤギのチーズの特徴として、熟成が進むにつれて固くなるというものがあります。シャビシュー・デュ・ポワトゥも例外ではありません。表面が灰色になるにつれて、水分がとんで固く縮こまってきます。それと同時に匂いやクセも強くなっていくので、あまり熟成させるぎると食べにくいかもしれません。まだ表皮が真っ白のうちに食べると、多少ぼそぼそとした食感ではありますが、さわやかな酸味がありチーズと言うよりヨーグルトといった感じがします。白い表皮がうっすらと灰色がかってくるとヤギのチーズ独特のコクや旨みが出てきますので、お好みに合わせて食べてみるのもよいでしょう。

はちみつをかけたり、白ワインと合わせてみたり

ヤギのチーズは独特の酸味がありますから、甘いはちみつと組み合わせると意外とマッチします。買ったはいいけれど、やっぱりにおいや味がちょっと苦手かもという方ははちみつをかけて召し上がってみてください。ヤギのチーズの癖が抜けて食べやすくなります。これをトーストしたパンに挟んで朝食の一品にするのも良いでしょう。
ワインに合わせるならば、赤よりも白がお勧めです。とくに相性が良いのはボルドーの白ワイン。赤ワインの産地として有名なボルドーですが、白ワインもまけてはいないんですよ。

入手はインターネットで

ヤギのチーズは牛のミルクで作られたチーズよりも癖があるので、日本では取り扱っている店舗は多くありません。欲しいと思ったらインターネット通販のほうが確実でしょう。日本にくるまですでにある程度の日数が経過していますので、飼ってきたら早めに食べきるのがベストです。何回かに分けて食べる場合は、切った断面をしっかりとラップで覆って水分の蒸発を防ぎましょう。匂いがちょっと、という人やカビがたくさん生えてきた場合は表皮を厚めに削ると食べやすいです。また、はちみつだけではなくベリー系の果物と相性が良いので、手に入ったら合わせてみるとよいでしょう。いざ買ってみたけれど今一つ好みに合わない、という場合はクリームチーズに混ぜると味が中和されてヤギの独特な風味がきにならなくなります。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ