カレ・デ・トゥルプ

麦芽の香りとビールの旨みを感じるチーズ「カレ・デ・トゥルプ」

カレ・デ・トゥルプ

ウォッシュタイプのチーズというとワインや塩水で洗う、というイメージがありますが、国が変わればお酒も変わる。ということで、ベルギーではビールでウォッシュしたチーズが多いのです。ワインで洗ったものとは一風変わった風味が楽しめますよ。

ビールで表面を洗ったチーズ

ベルギーのエノ―州で作られている牛の生乳を原料としたカレ・デ・トゥルプはウォッシュタイプのチーズです。ベルギーで今最も注目されているチーズの熟成士、ジャッキー・カンジ氏が作り上げたまだ新しいチーズで、モワネット・ブロンドビールで無殺菌牛乳で作られたチーズの表面を洗い、熟成させたものです。表面は黄色でわずかにべとつきがあり、典型的なウォッシュタイプのチーズといった感じです。麦芽の香りが残っている、という触れ込みですが、なぜか「ラッキョウのような香りがする」という意見もあり。ラッキョウの漬物に鼻を近づけてみるとわかりますが、かなり刺激的な匂いがします。このチーズの匂いも同じように鼻にツンとくるので、ウォッシュタイプに不慣れな人は匂いだけで敬遠してしまうかもしれません。

みそ漬けの豆腐を思わせる濃厚な風味

さて、カレ・デ・トゥルプのお味ですが、かなり濃厚で豆腐のみそ漬けのような風味があります。なぜビールで洗ったチーズにこのような風味が生まれるのか正確にはわかりませんが、日本人にもなじみやすい味ですよ。匂いで敬遠していた人でも「この味は好き」という方が多いかもしれません。熟成が進むにつれて柔らかくなり、舌をさすようなピリッとした刺激が生まれてきますが、悪くなっているわけではないので安心してください。初心者が食べるには少々ハードルが高いかな、というチーズですが逆にヨーロッパのナチュラルチーズをいろいろ食べてきたので、変わり種が食べたいという方にはおすすめです。

日本酒と合わせても美味しい

お酒で洗ったウォッシュタイプのチーズはそのお酒と一緒に味わうのが最高、という定説がありますが、カレ・デ・トゥルプは日本酒と合わせても美味しいです。ラッキョウのような匂いと豆腐のみそ漬けのような味のせいでしょうか。そのまま食べても良いですし、まだ若いチーズを軽くあぶって温めて食べても良いでしょう。熟成が進んで柔らかくなったものは、かまぼこやキュウリなどにつけても美味しいです。芋焼酎との相性もよかった、という意見もあります。

お値段が高いのがネック

現在、ヨーロッパから輸入されているナチュラルチーズの欠点といえば、お値段が微妙に高いこと。TPPの行方によって変わるかもしれませんが、もう少しチーズの高値は続きそうですね。ヨーロッパ産のナチュラルチーズは100グラム千円前後のものが多いですが、カレ・デ・トゥルプは100グラムあたり1600円程度が平均です。ベルギーのチーズはあまり生産量が多くない上に、ジャッキー・カンジ氏のチーズは人気が高く引っ張りだこが原因のせいでしょうか?気軽に買う、というわけにはいきませんがベルギービールと同じように、記念日やうれしいことがあった日などに奮発してみてください。100グラム程度の小さなチーズなので、丸ごと買うことができるのはうれしいですね。チーズショップよりはインターネット通販のほうが手に入りやすいです。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ