カキノワ

シロカビタイプなのにウォッシュ風味のチーズ「カキノワ」

カキノワ

チーズは元々保存食でしたが、現在で保存性より味のほうが重視され、チーズ職人たちはより美味しいチーズを作りだそうと努力を重ねています。カキノワはそんな努力の結晶のひとつ。カキノワはシロカビタイプのチーズなのにまるでウォッシュタイプのチーズのようです。

カマンベールにさらに手を加えて

「カキノワ」はまるで日本語のような名前ですが、フランスのノルマンディー地方で作られているシロカビタイプのチーズです。ノルマンディー地方で作られているシロカビタイプのチーズの代表選手、といえばカマンベール。実はこのカキノワはカマンベールにサクランボで作られた蒸留酒、キルシュとナッツ(クルミ)をたっぷりとまぶしたチーズなのです。カマンベール、キルシュ、ノア(クルミを表わすフランス語)の頭文字を取って「カキノワ」という名前になったのですね。

単なるアレンジチーズの域を超える美味しさ

カキノワはすでに完成しているチーズにさらに手を加えて作られるため、輸入チーズの中でも高価な部類に入ります。250グラムで3千円前後が平均でしょうか。気軽に買うことはできませんが、とっておきの日のデザートにお勧めです。濃厚なナッツとミルクの旨みはごちそうの締めくくりとしてはぴったり。チーズをデザートに食べる、という習慣は日本ではまだあまり浸透していませんが、ぜひ試してみてくださいね。デザートに濃厚なものは、という方は前菜としてどうぞ。レタスなどのフレッシュな野菜と共に食べれば、後口も爽やか。これからの食事への期待が高まります。

とっておきの日のデザートとして

カキノワはすでに完成しているチーズにさらに手を加えて作られるため、輸入チーズの中でも高価な部類に入ります。250グラムで3千円前後が平均でしょうか。気軽に買うことはできませんが、とっておきの日のデザートにお勧めです。濃厚なナッツとミルクの旨みはごちそうの締めくくりとしてはぴったり。チーズをデザートに食べる、という習慣は日本ではまだあまり浸透していませんが、ぜひ試してみてくださいね。デザートに濃厚なものは、という方は前菜としてどうぞ。レタスなどのフレッシュな野菜と共に食べれば、後口も爽やか。これからの食事への期待が高まります。

デザートワインやシャンパンとともに

濃厚でコクのあるカキノワに合わせるならば、シャンパンがお勧め。シュワシュワっとした泡が脂肪分でやや重くなりがちな後口をさっぱりとさせてくれ、次の一口がより美味しくいただけるでしょう。また、デザートとしてカキノワをいただくのなら、貴腐ワインやアイスワインなどのデザートワインと合わせるのが良いでしょう。どちらも濃厚な風味ですから喧嘩をしそうですが、チーズとナッツの甘みとワインの甘みがお互いを引き立てあってくれます。何種類か試してみて、お気に入りの組み合わせを探すのも楽しいものですよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ