カベクー・フォイユチーズ

まるで柏餅? カベクー・フォイユ

カベクー・フォイユチーズ

食べきりサイズのフランス産のヤギのチーズカベクー・フォイユ。可愛らしいその形はまるで柏餅のようです。

葉っぱに包まれたヤギのチーズ

フランスのアキテーヌ地方、フランスアキテーヌ、ドルドーニュ県のチーズ。名前の「フォイユ」とは葉っぱ、カベクーとは「小さいヤギのチーズ」という意味。つまり、葉っぱで包まれた小さいヤギのチーズということですね。まさに名は体を表す。栗やプラタナスの葉っぱにまかれた一口サイズのチーズです。その形状はまるで柏餅か桜餅のよう。可愛らしいお菓子のようで見ていてあきません。食べ方はスプーンですくって食べるのが一般的ですが、脂肪分が45%と高めなので葉を止めてある楊枝でちまちまと削るようにワインと一緒に食べる方も多いようです。

ヤギのチーズの入門にいかが?

ナチュラルチーズの多くが100グラム単位で作られています。長期熟成させるハードチーズの中には数十キログラム単位で作られるものもありますね。新しいチーズを試してみたいときに、ネックになるのがその量、という人も多いのではないでしょうか。ナチュラルチーズ100グラムでおおよそ1000円~2000円前後。安くないお金をかけて口に合わなかったら、ガッカリですよね。このカベクー・フォイユはひとつ30グラム。ヤギのチーズを試してみたい、という方にはぴったりの大きさです。しかも、ヤギのチーズというと匂いが個性的、という特徴がありますがこのチーズは蒸留酒につけられた葉っぱで巻いてあるので、お酒の良い香りがします。「梅酒のような匂い」と形容する人もいます。栗やプラタナスはカテキンが豊富に含まれていて、防腐と乾燥を防いでくれるので、それにくるまれたチーズは食べる直前まで作りたてのみずみずしさを保っています。また、表面には荒く砕いた胡椒がはりつけてあるので、ヤギのチーズ独特の風味をうまく消してくれるのです。口に含めばヤギのチーズの特徴である酸味と、お酒につけられた葉の風味がいっぱいに広がることでしょう。ヤギのチーズが苦手だけれど、これならば食べられるという方も多いようです。

白ワインやスパークリングワインと共に

口当たりが大変さっぱりとしたチーズですから、カベクー・フォイユは赤ワインより白ワインのほうが良く合います。また、発泡ワインとの相性もバッチリ。シュワシュワとした泡がチーズの脂肪分で幾分重たくなった舌をさっぱりと蘇らせてくれるでしょう。さて、このカベクー・フォイユ、実は甘いものや果物との相性も良いのです。特にぴったりなものはリンゴとはちみつ。薄く切ったリンゴの上にこのチーズをのせて、はちみつを少しかけて食べるとお子様でも美味しくいただけます。普通の食べ方は試した、という方はぜひこのリンゴとはちみつの組み合わせを試してみてくださいね。

通販よりも直接店舗で

今はインターネット通販が発達していますから、たいていのチーズはネットショッピングで手に入ります。しかし、このカベクー・フォイユはあまりネット通販では扱われていません。一説によると、少量を送るのが難しいからだそうです。確かに和生菓子を送るようなものですから大変なのでしょう。このチーズをぜひとも食べてみたい、という方は大手デパートのチーズ売り場に足を運んでみてください。1個1000円もしないお手軽な値段ですから、本場のチーズをお手軽に味わってみたいという方にぴったりです。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ