ビュット・ド・クレーム

クリームの余韻が残るチーズ「ビュット・ド・クレーム」

ビュット・ド・クレーム

日本で最も親しまれているナチュラルチーズはカマンベールでしょう。白カビに覆われた穏やかな味わいは、ナチュラルチーズに食べなれていない人でも美味しく感じられることが多いのです。カマンベールはフランス産ですが、ビュット・ド・クレームはベルギー産のシロカビタイプのチーズ。カマンベールよりはるかに優しい味わいです。

無殺菌乳で作られた穏やかな味わい

ベルギーのロワン州で作られている牛の生乳を原料としたビュット・ド・クレームはシロカビタイプのチーズです。日本でおなじみのフランス産のシロカビタイプのチーズはほぼ円形をしていますが、このチーズはレンガのような直方体をしています。無殺菌乳で作られているので、ミルクの旨みをたっぷりと感じ取ることができます。ダブルクリーム、トリプルクリームのような生クリームを加えるようなことはしていませんが、カマンベールに比べると非常に濃厚な味わいがします。やはり、原料の牛の生乳が良いものだとチーズの味も変わってくるのか。と実感ができるでしょう。カマンベールなどの一般的なシロカビタイプのチーズは熟成が進むにつれてトロトロになり独特のエグミが出てきますが、このチーズは、さらにコクがましチーズというよりバタークリームのような味わいになってきます。ベルギーから日本に輸入された時点で製造日から日数がたっている場合が多いので、日本で手に入るビュット・ド・クレームはかなりこっていりとした味わいである可能性が高いです。

塩味は聞いているけれど、甘くしても美味しい

最近は塩スウィーツと呼ばれるあまじょっぱいスウィーツの人気が高まっていますが、ビュット・ド・クレームはフルーツやジャムを添えるなど甘くしても美味しく食べることができます。では、このチーズは塩味の薄いフレッシュチーズのようなものなのか、といえばむしろ逆で、しっかりと塩味が効いています。しかし、上記したようにかなりこってりとした味わいなので、塩味よりもクリームのコクを強く感じます。ですから甘みを添えてもそれほど違和感がないのですね。チーズといえばワインなどのお酒のおつまみ、というイメージが強いですが、甘みを加えることでお酒の苦手な方も、お子様にもお勧めのデザートになります。

シャンパンと合わせて味わおう

ナチュラルチーズはその土地のワインと合わせるのが一番、と言われていますがビュット・ド・クレームは、ベルギーのビールやお酒よりもシャンパンと相性が良いのです。その理由もやっぱりコク。脂肪分が高いチーズはクセや臭みを感じにくく、ヨーロッパのナチュラルチーズになれていない方も美味しく食べられますが、後味が重たくなりがち、という欠点もあります。それをさっぱりと洗い流してくれるのがシャンパンなのですね。シャンパンは予算的に無理、という方はスパークリングワインでもよいでしょう。相性の良いものを選ぶコツは、できるだけ辛口の白を選ぶこと。甘口のワインでは後味がますます重いものになってしまいます。お酒が飲めない、という方は発泡性のミネラルウォーターもお勧めですよ。その時にレモンを少し絞るとよりさっぱりとした味わいとなり、コクのあるチーズとよく合います。そのまま食べるのが一番おいしい味わい方ですが、キュウリなどさっぱりとした野菜と合わせても良いでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ