ブル・ディ・カプラ

ヒツジとヤギのミルクから作られたブルーチーズ「ブル・ディ・カプラ」

ブル・ディ・カプラ

アオカビタイプのチーズというと、牛やヒツジの生乳が原料のものが多いのですが、これは珍しくヒツジとヤギのふたつの生乳から作られたチーズです。とっても珍しいですね。

ヒツジとヤギのミルクの良いとこどりをしたチーズ

ブル・ディ・カプラはイタリアのピアモンテ州で作られているアオカビタイプのチーズです。ピアモンテ州はワインとの一大産地としても有名ですね。フランスもそうですが、美味しいワインが作られている場所では美味しいチーズも作られていることが多いのです。ピアモンテ州は丘陵地帯が多く、牛よりもヒツジやヤギの放牧が適しているそうなので、この地方ではヒツジやヤギのミルクを使ったチーズも数多く作られています。ブル・ディ・カプラはその中でもヒツジとヤギのミルクを混ぜ合わせたものを原料にした珍しいチーズです。ヤギの生乳から作られたシェーブルタイプのチーズは匂いとクセがあるものが多いので、それにアオカビまで加えたらすごい匂いのチーズになりそう。と思う方もいるかもしれませんが意外にも匂いはそれほど強くありません。それどころかヒツジの生乳のともすればくどく感じがちな脂肪の味をヤギの生乳特有の酸味を和らげて食べやすい味のチーズに仕上がっています。

ちょと変わり種を食べてみたい、という人に

ブル・ディ・カプラはイタリア産の有名なアオカビタイプのチーズ、ゴルゴンゾーラによく似た味をしている、といわれていますが、ゴルゴンゾーラよりも酸味が強く、舌触りがねっとりとしているのが特徴です。また、上皮に近い部分は酒粕のような独特の風味があり、アオカビタイプのチーズ特有のピリッとした刺激も十分に感じられます。まるでオーケストラの演奏を聞いているような味の重なり合いを楽しむチーズですので、ある程度外国産のナチュラルチーズを食べなれた方で、「ちょっと変り種を食べてみたい」という方にお勧めです。

熟成が進むと甘くなる?

ブル・ディ・カプラのもうひとつの特徴はヤギの生乳由来の酸味です。ヤギの生乳は牛のものより乳酸菌が多いので、酸味を強く感じるのですね。まだチーズが若いうちはこの酸味がはっきり感じられますが、熟成が進むにつれてヒツジの生乳の脂肪由来の甘みが強く感じられるようになり、ナッツを思わせるコクが出てきます。さらにアオカビタイプのチーズは日本人には塩味がきつく感じられるものが多く、「おいしいけれどたくさん食べられない」という人もいるでしょう。でも、ブル・ディ・カプラは塩味が控えめなので、パクパクと食べられるんですよ。

甘いワインと合わせてみよう

アオカビタイプのチーズは甘みとの相性が良いことが知られていますが、ブル・ディ・カプラも同じです。日本ではチーズをデザートにする、という習慣はありませんがヨーロッパではジャムやはちみつを添えて食後にあまじょっぱいチーズを食べることはごく普通に行われています。ブル・ディ・カプラもはちみつをかければ簡単に美味しいデザートになりますよ。「チーズにジャムやはちみつを加えるのはちょと」という方は、蜜のように甘いデザートワインと一緒にチーズを味わってみるのはいかがでしょうか。とろりと濃厚なワインにチーズの塩味が絶妙なアクセントですよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ