ブルー・ド・メメ

優しい味わいがおばあちゃんを思わせるチーズ「ブルー・ド・メメ」

ブルー・ド・メメー

フランスのブルーチーズというとロックフォールが有名ですが、それよりもまろやかで食べやすく、お求めやすい価格なのがこの「ブルー・ド・メメ」です。この「メメ」というのはヒツジノ鳴き声のようですが、おばあちゃんの愛称なんですよ。

AOCではありませんが……

フランスのアオカビタイプのチーズといえばなんといってもロックフォールが有名です。しかしそのおかげで他のアオカビタイプのチーズが今ひとつ有名になれないのがちょっと残念でもありますね。フランスにはロックフォール以外にもおいしいアオカビタイプのチーズがたくさんあるのです。ブルー・ド・メメもそのひとつ。フランスのオーベルニュ地方で作られているヒツジの生乳を原料としたアオカビタイプのチーズです。ブルー・ド・ラカイユという日本で人気がじわじわと高まってきているアオカビタイプのチーズを作っているラカイユ社の商品で、メメとはヒツジノ鳴き声のような感じがしますがフランス語で「おばあちゃんを指す愛称」なんだそうです。AOC(フランスの原産地呼称制度)には認定されていないので知名度はいまいちですが、その分お求めやすい価格になっているのも魅力のひとつです。

アオカビタイプだけれどまろやかな味わい

アオカビタイプのチーズというと、ピリッとした辛みとシャープな味わいが特徴でどちらかといえば、ナチュラルチーズになれた人向けのチーズです。しかし、ブルー・ド・メメはアオカビタイプではありますがカビの刺激よりもミルクの甘さが前面に出たマイルドな味わいのチーズ。びっしりと内部にアオカビが入っているので、強烈な味わいを予想して食べるとちょっと拍子抜けしてしまうかもしれませんね。でもその分アオカビチーズに初挑戦、という方やお子様やお年寄りにも食べやすい味になっています。また、ロックフォールはチーズの個性が強すぎて苦手、という方もアオカビチーズを敬遠する前にこのチーズを食べてみてください。

ワインにも合わせやすい

アオカビタイプのチーズはチーズ自体の個性が強く、軽すぎるワインではチーズの味でワインの微妙な風味が消し飛んでしまうこともありました。しかし、ブルー・ド・メメはどんなワインとでも合わせやすいチーズです。チーズというと赤ワイン、というイメージを持っている方もいますが、白ワインと合わせてはいけないという決まりがあるわけではありません。お気に入りのワインがあるのならば試しにチーズと合わせてみましょう。また、ブルー・ド・メメは日本酒と合わせても美味しいですよ。それも切れのある辛口ではなく、濃厚な甘口な日本酒のほうがよくあうそうです。甘口な日本酒はおつまみ選びがちょっと難しい、と言われていますがそのようなお酒を手に入れたら、ぜひこのブルー・ド・メメを合わせてみてください。

お求めやすさも人気の秘密

ブルー・ド・メメはAOCに認定されているアオカビタイプのチーズと比べるとお求めやすい価格になっています。100グラム750円程度が平均価格のようですが、ロックフォールが100グラム1000円前後ですから、お得感を感じますね。入手先はチーズショップや通販がお勧めです。「なんだかちょっと安いブルーチーズがあるな」と思ったらおそらくこのブルー・ド・メメですよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ