ビアンコ・ディ・ランガ

トリュフ入りの野性味あふれるチーズ「ビアンコ・ディ・ランガ」

ビアンコ・ディ・ランガ

イタリア産のナチュラルチーズには、特産であるトリュフが練り込まれているものがあります。ビアンコ・ディ・ランガもそのひとつ。しかもチーズの原料はヤギと牛の生乳という珍しいものなのです。

復活したマンマの味

イタリアのピエモンテ州で作られている牛とヤギの生乳を原料としたビアンコ・ディ・ランガはシロカビタイプのチーズです。これを作っているオッチェッリ社はイタリアで失われつつある各家庭で作られていたチーズのレシピを集め、その復刻に力を尽くしていることで知られています。ビアンコ・ディ・ランガもそういった「マンマの味」のひとつ。混成乳を使うのも、トリュフを混ぜ込むのも食料を少しでも無駄にしないための知恵だったのです。

複雑な旨みは大人の味

ビアンコ・ディ・ランガは牛とヤギのミルクとトリュフ、というチーズにしてはたくさんの材料が使われています。野菜やスパイスが練り込まれたチーズは多いですが、その大部分がチーズの味と香りに飲まれてしまい、何かが入っているな、という程度にしか感じられません。しかしトリュフは香りが強いキノコの代表格ですからチーズに練り込まれてもしっかりと存在を主張します。チーズを食べているとふわっと口から鼻に抜けていく馥郁とした香りにうっとりする人も多いそうですよ。ヤギのミルクで作られたシェーブルタイプのチーズは独特の匂いとクセがある、とよく言われていますが、このチーズは牛のミルクとの混成乳のお蔭でその癖や匂いがそれほど目立ちません。しかし全く気にならない、というほどでもないので、ある程度外国産のナチュラルチーズを食べなれてからチャレンジしたほうが良いでしょう。まだ熟成が進んでいない若い頃は匂いも癖も弱いので、初心者向きかもしれません。熟成が進むにつれてシロカビタイプのチーズの特徴として、内部がトロトロになっていきます。舌触りが滑らかになり、コクが増したぶんヤギのミルクの匂いやクセが強くなっていきますが、チーズに慣れた人にはたまらない味になっていくでしょう。イタリアから空輸された時点で、すでに製造日からだいぶ時間がたっているはずですから、外国産のナチュラルチーズの初心者はできる限り早く食べることをお勧めします。

ヤギのミルクには旬がある

今は冷凍技術の発達により、どのような生乳を原料としたチーズでも1年中作ることができるようになりました。しかし実はヤギやヒツジはミルクを出す期間が牛より短いため、本来ならばチーズに旬ができるのです。ヤギのチーズの旬は春から秋の終わりまで。本当に美味しいチーズを食べたい場合は、その期間に作られたチーズをチョイスしてみましょう。混成乳でも同じです。また、ビアンコ・ディ・ランガはチーズ自体にしっかりと味がついていますから、料理に使うよりもそのまま薄く切って食べるのが一番お勧めです。お酒に合わせるのならばある程度しっかりとした赤ワインを選びましょう。あまり軽すぎるワインではチーズの旨みと香りにワインが負けてしまいます。また、ブランディーやウィスキーといったアルコール度の高い強いお酒にも負けません。パクパク食べるタイプのチーズではありませんから、芳醇なお酒の香りとチーズの香りのマリアージュを楽しんでみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ