バークスウェル

人気再燃?グルメたちが注目するチーズ「バークスウェル」

バークスウェル

日本ではチーズといえば牛の生乳から作られるものがほとんどですが、ヨーロッパではヒツジやヤギの生乳から作られるチーズも多いです。その割合は国によって差がありますが、イギリスでは長らく牛の生乳で作られたチーズが生産量の多数を占めてきました。しかし近年、イギリスのグルメたちの間でヒツジの生乳から作られたチーズの人気が再燃しているのです。その中でも特に人気なのがこのバークスウェル。穏やかな味ですが後味にピリッとした辛みが感じられます。

イギリスの美味しい食材

イギリスのウォーリックシャー州で作られているヒツジの生乳で作られているバークスウェルはハードタイプのチーズです。バークスウェルといえば日本からの旅行者も多いですね。このチーズは形がちょっと変わっていて円盤を少し押しつぶしたような形をしているのです。ですから側面がちょっととがっているのですね。ところでイギリスの料理といえばまずいものの代名詞のように語られることが多いのですが、イギリスの食材自体は決してまずくはありません。バークスウェルも熟成したチーズの証であるナッツのような風味とあまやかなキャラメルのような香り、そしてなぜかパイナップルのような甘酸っぱいような風味までする複雑な旨みがあります。最近は脂肪分の高いねっとりとしたコクのあるチーズが人気ですが、こんな風に熟成を重ねた結果得られる複雑な味もとても素敵ですよ。

後味の辛みの正体とは?

バークスウェルは、甘く香ばしい味をしていますが後味はピリッとした辛みがあります。始めて食べた方はびっくりされるのではないでしょうか。これはチーズに何か香辛料を混ぜているのではなく、ヒツジの生乳そのものの特徴なのです。ヒツジの生乳はうしのものより脂肪分が高いので、コクのある味わいのチーズになりやすいのですが、熟成が進むとピリッとした辛みが出てくるのです。でも、チーズの味自体にくせがあったり匂いがつよかったりするとこの辛みというのはなかなか気が付きにくいのですね。バークスウェルはチーズ自体の味はクセがなくマイルドだから、余計辛みが感じやすいのだと思います。出来立てのものや熟成が浅いものは当然辛みも少ないので、辛いのが苦手という方やお子様にはできるだけ若いものをあげましょう。また熱を通すと辛みがマイルドになるので、ホットサンドにするという方法もあります。

できるだけシンプルに味わおう

バークスウェルはくせこそないですが、複雑な旨みを持つチーズです。スープやパスタの風味づけに使ったり、野菜に絡めたりしても美味しいですが、やはりチーズ本体の味を堪能するには、薄く切ってそのまま食べるのが一番でしょう。塩味が結構聞いていますので、そのままではきついな、と感じる方はパンや無塩のクラッカーを乗せて食べてみましょう。
ゆっくりとかみしめていると複雑な味と香りが舌から鼻腔へと抜けていきます。時間をかけて味わいたい味ですね。お酒に合わせるならば、やはりウィスキーがお勧め。ウィスキーはあるこーろ度数が高くてちょっと、という方はしっかりとしたボディの赤ワインと合わせてみましょう。フルーティーで軽い感じのものだとワインが負けてしまいます。また濃くいれた紅茶との相性もいいんですよ。

この記事を読んだ方におすすめの記事はコチラ